『離婚しない男』伊藤淳史“渉”と篠田麻里子“綾香”の馴れ初めに「どうしてこうなった」【ネタバレあり】

公開:
TVerで無料視聴!

伊藤淳史が主演を務める土曜ナイトドラマ『離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛―』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)の第3話が、2月3日に放送。岡谷渉(伊藤)と妻・綾香(篠田麻里子)の馴れ初めに、ネット上では様々な反響が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

綾香は不倫相手の司馬マサト(小池徹平)から、「君には今の人生は地味すぎる。君は人気アイドルだったんだから」と言われ、10年以上前のアイドル時代のことを思い出していた。もともとアイドルデュオのメンバーだった綾香は、流されるまま当時のマネージャーと恋仲に。しかし、そのことをデュオの相方だったコイ(安斉かれん)に告発され、芸能界を追われてしまう。

失意の中、母親のスナックで働いていた綾香は、新聞記者の渉と出会い、次第に仲を深めていく。「渉さんにはもっとちゃんとした人がいます」と、一度はプロポーズを断った綾香だったが、「綾香さんじゃなきゃだめなんです」という渉の熱意に心を動かされ、結婚を決意。娘の心寧(磯村アメリ)も生まれ、幸せな家庭を築いていく。

渉から一連の話を聞いた探偵の三砂裕(佐藤大樹FANTASTICS)は「めちゃくちゃいい恋して、結婚したんだね」と感激。だからこそ、今は渉をないがしろにし、マサトに熱を上げている綾香が許せなかった。

弁護士の財田トキ子(水野美紀)にも発破をかけられ、渉は心寧の親権を獲得するために、今度こそ綾香の不倫の証拠を手に入れることを約束。そして、そのチャンスは突然訪れる。綾香は渉が家にいないことを確認した上で、マサトと自宅マンションで密会。渉がソファの下に隠れているとも知らず、2人だけの世界に入っていくのだった。

渉と綾香の過去と、現在のギャップに、ネット上では「どうしてこうなった」「なんか切ない」「仲良しな2人だったのに」「いろいろあったんだなあ」などのコメントが寄せられた。

次回は2月10日に放送。綾香とマサトの不倫の証拠を手に入れるため、渉は裕の指示を受けつつ、ソファの下から自撮り棒の先に付けたカメラを伸ばす。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話のダイジェストや配信限定動画などが配信中。

画像ギャラリー

PICK UP