永野芽郁“雨”、余貴美子演じる祖母からあとわずかな命だと告げられショックを受ける

公開:
永野芽郁“雨”、余貴美子演じる祖母からあとわずかな命だと告げられショックを受ける

永野芽郁が主演を務める月9ドラマ『君が心をくれたから』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第5話が2月5日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

本作は、純愛小説の名手・宇山佳佑によるオリジナル脚本。主人公・逢原雨(永野)が、かつて心を通わせた男性、朝野太陽(山田裕貴)のために自分の“心”を差し出す宿命を背負うことから始まるファンタジーラブストーリー。なお現在TVerでは、第1話~第3話、ダイジェスト動画などが配信中。

先週放送された第4話では、雨が観覧車の中で太陽にある嘘をついたシーンがネット上で話題に。「辛すぎる」「感情移入がヤバい」「苦しい」​​とのコメントがあった。

<第5話あらすじ>
「わたしのこと、もう忘れて……」。逢原雨(永野)は、朝野太陽(山田)にそう言って別れを告げた。味覚に続いて嗅覚も失ってしまった雨は“案内人”日下(斎藤工)の助言に従って、祖母の雪乃(余貴美子)に五感を失ってしまうことを打ち明け、これから先のことを話し合おうと決意する。だが、帰宅した雨が目にしたのは、腰を押さえてうめいている雪乃の姿だった。

病院に搬送された雪乃は、がんであることを雨に告白する。苦しいのはごめんだと抗がん剤治療も拒否してきた雪乃は、もってあと2か月、早ければ数週間の命だと宣告されているという。激しいショックを受ける雨。雪乃はそんな雨を抱きしめ、生きている間は雨の笑顔をたくさん見せてほしいと告げる。

太陽の父・陽平(遠藤憲一)は、雨にフラれてしまった太陽を励まそうとする。陽平は、亡き妻・明日香と出会ったころの話をすると、フラれた男ができることは3つだけだ、とアドバイスした。

雨は、もうひとりの“案内人”千秋(松本若菜)に、太陽のことを助けたように、雪乃も奇跡で助けてほしいと頼む。しかし千秋は、奇跡は誰にでも起きるわけではないし、自分たちにも与える権限はない、と返す。そこに日下が現れ、午前0時になったことを告げる。雨の腕時計に表示されたのは「手」のマーク。次に雨が失うのは「触覚」だった……。

画像ギャラリー

PICK UP