<考察あり>反町隆史“藤巻”&津田健次郎​​“郡司”強力タッグも…まさかの結末に「泥沼」

公開:
TVerで無料視聴!

反町隆史が出演を務める『グレイトギフト』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第3話が2月1日に放送。ネット上では、藤巻達臣(反町)​​と郡司博光(津田健次郎)とのタッグに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

郡司から、ギフトを使った殺人について、おおよそのことを言い当てられた藤巻。彼曰く、白鳥稔(佐々木蔵之介)の次のターゲットは、別の病院で理事長をしている大泉篤(西岡德馬)​​だという。

白鳥と郡司は、週末に大泉の別荘に行く予定だ。そこで白鳥が凶行に及ぶ​​可能性がある。郡司から「俺とお前で命を救うぞ」と言われた藤巻は、その会に同行することになった。

ゴルフ中やランチ中も気を張っていたが何事もなかった。ゴルフ終了後、白鳥が所用で帰ったものの、当初の予定通り、大泉の別荘に行ってワインを飲むことに。何もなかったことに安堵したのも束の間、郡司が入れたワインを飲んだ大泉が亡くなってしまう。郡司と白鳥は、最初から共謀して大泉を殺害する計画で動いていたのだ。

もう誰も信じられなくなった藤巻は、白鳥と郡司に「ギフトは全て廃棄します!」と突きつける。しかし、彼らは冷静に妻・麻帆(明日海りお)のオペの話をし始めて……。

ネット上では、郡司のまさかの裏切りに「先が読めない」「泥沼」とのコメントがあった。

​​<第3話 考察メモ>
SNSの考察も本格化。気になる第3話の注目シーンを紹介していこう。

◼️1:「安曇杏梨(倉科カナ)の暗躍」(13分50秒頃)
藤巻が何やら怪しい行動をしている……と察知した杏梨。​本坊巧(筒井道隆)を使って、彼の周辺を調べようと画策しているようだ。彼女が黒幕だった場合、病院には簡単に出入りできない。情報を得ようとしている?

◼️2:「なぜ指紋を拭き取らなかったのか」(37分10秒頃)
伊集院薫(見取り図盛山晋太郎)の水筒に白鳥の指紋がついていた。証拠がないため、絶対に捕まらないという自信の表れなのかもしれないが、それにしても浅はかすぎる。何か裏があるのか? SNS上でも「なんで?」「あえてか」​​とのコメントがあった。

◼️3:「久留米穂希(波瑠)の告白」(44分20秒頃)
藤巻に告白した久留米。本当に好意を持っている可能性もあるが、藤巻により近づくための嘘であるとも考えられる。SNS上でも「裏ありそう」「信じられない」​​と怪しむ声があった。

次回は2月8日に放送。藤巻が培養していたギフトが、何者かによって盗み出される。

​​なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、全話、ダイジェスト、​​反町の単独インタビュー、タレコミトーク動画、制作発表会見ほかが配信中。

画像ギャラリー

PICK UP