福士蒼汰“真和”、自身の恋愛ルールを破り岡崎紗絵“絵里加”と4回目のデート

公開:
福士蒼汰“真和”、自身の恋愛ルールを破り岡崎紗絵“絵里加”と4回目のデート

福士蒼汰が主演を務めるドラマ『アイのない恋人たち』(ABCテレビ・テレビ朝日系、毎週日曜22:00~)の第3話が、2月4日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

2024年の東京を舞台に恋愛偏差値が低いワケあり男女7人が織り成す愛の物語。「愛がない」「見る目(eye)がない」「自分(I)がない」それぞれにアイが欠けている者たちによるラブストーリー。現在TVerでは、本編のほか、ダイジェストなどが配信中。

前回第2話では、郷雄馬(前田公輝)は、合コンで「ありのままのあなたを受け入れてくれる人は、きっといます!」と言ってくれた近藤奈美(深川麻衣)の言葉を真に受け、マッチングアプリに登録するも空回り。一方の奈美は婚活がうまくいかず、親が薦める高学歴・高収入の男とのお見合いを考え始める。ある日、奈美がマッチングアプリにお試し入会すると、マッチした男性の中に雄馬を見つける。その暑苦しいプロフィールに吹き出し、思わず「いいね」をする奈美。雄馬は舞い上がり、奈美ともう1度会うことにした。しかし「あたしみたいな何の取り柄もない、つまんない女」と自分を卑下した奈美に、雄馬は激怒。奈美は泣きながら去り、後日、雄馬は改めて奈美に会いに行き……。

<第3話あらすじ>
稲葉愛(佐々木希)が企てた実の息子誘拐計画に巻き込まれた久米真和(福士)は、高校卒業後の愛の人生と、自身の育児放棄が原因で息子に会わせてもらえない現状を知る。罪の意識と後悔にさいなまれつつ、償い方がわからずに苦しむ愛。

郷雄馬​(前田)は持ち前の妄信かつ猛進ぶりを発揮し、近藤奈美​(深川)を運命の人に認定。“eye=見る目”のなさを危ぶむ真和を尻目に、早くもプロポーズしそうな勢いで初デートに出掛けていく。

同じ日、真和は、マッチングアプリで知り合った女性とは3回以上会わないという“愛”のない自分ルールを破り、今村絵里加(岡崎紗絵)との4回目のデートへ。

残る淵上多聞​(本郷奏多)も冨田栞​(成海璃子)から誘いを受けるが、“I=自分”をなくして他人に合わせる煩わしさから断ってしまう。

そんな多聞も雄馬の強引さには敵わず、奈美に会わせたいという呼び出しに応じて渋々出かけることに。指定の場所は絵里加のブックカフェ。そこには、絵里加と会っていた真和だけでなく、奈美に呼び出された栞もいた。気まずいながらも、合コンで会うはずだった6人が対面を果たすが……。

画像ギャラリー

PICK UP