【視聴ポイント】道枝駿佑“ゼロ”率いる「マルス」が大人社会の闇を斬り悪を裁く

公開:
【視聴ポイント】道枝駿佑“ゼロ”率いる「マルス」が大人社会の闇を斬り悪を裁く

道枝駿佑が主演を務めるドラマ『マルス-ゼロの革命-』(テレビ朝日系、毎週火曜21:00~)。これまで放送された第1話+第2話おさらい&視聴ポイントをチェック!

道枝演じる謎多きカリスマ転校生・美島零(みしま・ぜろ/通称:ゼロ)に導かれ、「マルス」という動画集団を結成した落ちこぼれ高校生たち7人が大人社会に反旗を翻していく姿を、『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の人気脚本家・武藤将吾が3年ぶりに完全オリジナルで描く、爽快な新感覚青春ドラマ。現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、記者会見の様子や、予告、キャラクター動画など多数配信中。

2月6日(火)に迎える第3話の放送を前に、第1話&第2話をざっくりおさらい! この先も個人情報の流出、詐欺、闇バイト……と、大人社会の闇に鋭く斬り込んでいく『マルス-ゼロの革命-』を、より楽しむためのポイントを解説する。“現代版・必殺仕事人”とも言える「マルス」の爽快な活躍を振り返り!

【第1話】謎の転校生・ゼロが暴き出したのは「進学校の闇」…薬物悪徳カウンセラーと前代未聞の不祥事

有名進学校の桜明学園に季節外れの転校生・ゼロがやってきたところからスタートした第1話。それぞれの事情で、進学校の中で落ちこぼれてしまっていた、逢沢渾一(板垣李光人)、貴城香恋(吉川愛)、二瓶久高(井上祐貴)、桜庭杏花(横田真悠)、呉井賢成(山時聡真)、桐山球児(泉澤祐希)を集めたゼロは、学園に蔓延るいじめ、そしてスクールカウンセラー・毛利新(野間口徹)が生徒たちをクスリ漬けにしていたという驚がくの事実を暴き出す。有名進学校で起きた前代未聞の醜聞に学校内外が騒然となる中、動画集団「マルス」を結成した7人は、ネットとSNSを駆使し、巨大な権力を笠に悪事を働く大人たちに裁きを下していくことを誓うのだった。

【第2話】「マルス」vsスポーツ界のドン!早熟の天才を金儲けの道具にする大物に鉄槌を下す!!

第2話では、動画集団「マルス」が本格始動! 彼らが最初のターゲットとして選んだのは、スポーツ界のドンといわれる、大手スポーツメーカーの重役の火野武夫(勝村政信)。陸上界のプリンスとして世間から注目を浴びていた早熟の天才で、その経済効果は100億円とも言われた高校生スプリンター・不破壮志(日向亘)を金儲けの材料にした挙げ句、その選手生命を簡単に奪い去ることになる非情な振る舞いを。本来であれば、日本陸上界のスーパースターとなるはずだった未来ある少年を貶めた、大人の欲と闇にまみれた極秘プロジェクトを暴き出し、火野を権力の座から引きずり下ろすことに成功した。

そして第3話では、不動産詐欺集団(地面師)と対決! 杏花の父・直道(鶴見辰吾)を嵌めた詐欺師・立花敦史(尾美としのり)らに近づき、彼らなりのやり方で詐欺集団をぶった斬る。詐欺被害で父親が会社を追われ、苦しむ杏花を「マルス」のメンバーたちは救うことができるのか? 次回も「マルス」の活躍から目が離せない!

PICK UP