藤本美貴の持論に、時東ぁみが思わず納得「なんか正解出たな」

公開:
藤本美貴の持論に、時東ぁみが思わず納得「なんか正解出たな」
「夫が寝たあとに」を見る

1月31日に放送された『夫が寝たあとに』(テレビ朝日系、毎週月曜26:30~)では、藤本美貴が展開した英語を習わせるタイミングに関する持論に、時東ぁみが思わず納得する場面があった。

ゲストの時東が話したいトークテーマで、藤本、横澤夏子と3人でトークすることに。「習い事どう選んでる?」テーマでは、時東が「結局、最初って親のエゴだと思うんです。だから、そこからどうやって選んでるのかなって」と話したい理由を明かした。「(習い事として)今は英語リトミックを。音楽を聴かせたいのと同時に、英語を聴かせた方がいいのかなと思って」と述懐。そんな時東に、藤本は「憧れるよね」とうなずき、横澤は「3歳までの脳に英語聴かせると良いっていいますよね」と同調する。

その後、英語を習わせるタイミングに関する話題に発展。藤本は習い事について「うちは3歳のプールから。(それまでは)なーんにもやらない」と語って2人を驚かせながら「小学校1年生から英語に行ってる」と告白。横澤が「それは逆に遅くないんですか?」と尋ねると、藤本は「遅くない! 全然遅くない。発音もきれいだし」と断言する。一方、時東は「(子供が1歳のため)日本語もしゃべれてないのに英語を足すって無謀なのかなとも思っているんですけど、何となく入れなきゃって思うんですよね」と苦笑い。

藤本は「よく『耳が』って言わない? あれ、『耳が』で脅してくるのよ!『小さい時に耳が』って。それに踊らされてるのよ。『耳が』って思うでしょ? でも、高校から留学した人だって(英語が)しゃべれるようになったりしてるじゃない。だから大丈夫なんだよ、きっと」と持論を展開。すると、時東は「そうなんだ。なんか正解出たな」とつきものが落ちたような表情で納得していた。

次回は2月7日に放送される。

PICK UP