コメンテーターが瀬戸康史“榊原”の術後に死亡…桐谷健太“武良井”は医療ミスを疑う

公開:
コメンテーターが瀬戸康史“榊原”の術後に死亡…桐谷健太“武良井”は医療ミスを疑う

桐谷健太が主演を務める金曜ドラマ『院内警察』(フジテレビ系、毎週金曜21:00~)の第4話が2月2日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

本作は、「ヤングチャンピオン」(秋田書店)で連載中の「院内警察 アスクレピオスの蛇」を原作とした医療エンターテインメント。日本ではまだなじみの薄い“院内交番”を舞台に、元警視庁捜査一課刑事の主人公と天才外科医の“正義”がぶつかり合う“刑事モノ×医療モノ”2大王道ジャンルのハイブリッド作品。現在TVerでは、第1話、第2話、ダイジェストなども配信中。

先週放送された第3話では、看護師・白石日向(工藤美桜)のストーカーをあぶりだすための武良井治(桐谷)や日向の姉で麻酔科医の​​白石葵(馬場ふみか)の“演技”に反響が。ネット上では「怖かった」「まさか」「迫真の演技」​​とのコメントがあった。

<第4話あらすじ>
武良井治(桐谷)は、看護師の白石日向(工藤)から、半年前に阿栖暮総合病院を辞めた循環器内科の専攻医・前川大樹(近藤頌利)の話を聞く。前川は5年前に臨床研修医として阿栖暮総合病院にやってきた、明るくて勉強熱心な医師だった。

実は前川は、この病院で亡くなったコメンテーター・乾井卓の死に関わっていた。乾井は大腿骨頭置換術を受けたが、術後に胸の苦しみを訴えたという。担当の整形外科医・久保田雅人(荒川浩平)は原因を探るために前川に相談した。前川は、急性心筋梗塞を疑うと同時に、術後であることから肺塞栓でないことを確認しておいた方が良い、とアドバイスする。日向は、前川からの指示で、乾井の家族に緊急カテーテル検査が必要になること、その後カテーテル治療や手術になる可能性が高いことを伝えたという。だが、容体が急変した乾井は、榊原俊介(瀬戸康史)の執刀で手術を受けたものの、術後すぐに死亡していた。

日向は、武良井に乾井のカルテを見せ、冠動脈造影の結果も手術記録も残っていないのはおかしい、と指摘する。乾井が亡くなった直後に前川が退職届を出したことも気になるという。

乾井の死は医療ミスが原因で、それを病院ぐるみで隠蔽したのか――? 川本響子(長濱ねる)は、病院に疑いの目を向ける武良井に、病院の不正を暴こうとするのは院内交番の仕事ではない、と言って反対するが……。

画像ギャラリー

PICK UP