道枝駿佑“ゼロ”、殺人未遂事件の闇を暴き江口洋介“國見”に宣戦布告!

公開: 更新:
TVerで無料視聴!

道枝駿佑が主演を務める『マルス-ゼロの革命-』(テレビ朝日系、毎週火曜21:00~)の第2話が、1月30日に放送。美島零(=ゼロ/道枝)が真剣な顔で同級生を説得する場面があり、SNS上で反響があった(以下、ネタバレが含まれます)。

ゼロは、かつて自身が活動していた動画配信「マルス」の活動停止理由として「大人の圧力で活動中止を余儀なくされた」と明かし、「奴らの闇を暴いて俺たちの新しい時代を創る」「これは革命だ」と宣言。新生マルス第1弾として、短距離走日本新記録保持者の同級生・不破壮志(日向亘)が契約金で揉めてスポンサーの首を絞めた「殺人未遂事件」の真実に迫るべく動き出した。

陸上を辞めて学校に来なくなった不破に話を聞くため家を訪れるが、不破は頑なに当時のことを話そうとしなかった。その帰り道、逢沢渾一(板垣李光人)はゼロに「なんでうちの高校に来たんですか?」と聞く。するとゼロは「この学校に俺の仲間を殺した奴がいる」と話す。「この世界をどう変えたいんですか?」と問う渾一に「正直者がバカをみない世の中だよ」と遠い目で呟いた。

ゼロ率いるマルスは動画を生配信し、不破とスポンサー契約を結んでいた火野武夫(勝村政信)にタイマーを細工した不正を指摘し追い詰めるが、それを止める不破。ゼロは「これがラストチャンスだぞ」「お前が正しいと思って下した決断なら(母親は)笑顔で誇ってくれるはずだ」と不破を説得した。事件に隠された闇を見事暴いたマルス。ゼロは、動画の最後で「次のターゲットは黒幕K」とクロッキーコミュニケーションズ社長・國見亜門(江口洋介)に宣戦布告した。

その後、國見から電話がかかってきて……。

SNS上では、不破に対する真剣なゼロの説得に「心に刺さる」「感動した」などの声が上がった。

次回、第3話は2月6日に放送。マルスは、詐欺集団を捕まえるべく動き出す。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話やダイジェストなど多数配信中。

画像ギャラリー

PICK UP