瀧本美織演じる新たな“クセ強”外科医が登場!高杉真宙“大河”を相手に起こした事件とは?

公開:
瀧本美織演じる新たな“クセ強”外科医が登場!高杉真宙“大河”を相手に起こした事件とは?
最新エピソードを無料視聴

川栄李奈が主演を務める水曜ドラマ『となりのナースエイド』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)第4話が、1月31日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

現役医師のベストセラー作家・知念実希人×3人目のバナナマンと呼ばれるコントの名手で脚本家・オークラが仕掛ける一癖も二癖もある病院ライフエンターテインメント。ナースエイドとは、医療資格はないが、患者の入浴や食事の介助など、身の回りのサポートを行う役職のこと。そんな新米ナースエイドの桜庭澪は、医療用語に詳しく、患者の気持ちに寄り添う頑張り屋。人のことに首を突っ込みすぎることもある彼女だが、じつはその笑顔の裏には、ある秘密があって……。現在TVerでは、本編のほか、予告編やダイジェストなどが配信中。

前回第3話では、「唯は自殺じゃない……殺された」――。桜庭澪(川栄)は、姉・唯(成海璃子)の死に他殺の可能性があることを、唯の元彼で刑事の橘信也(上杉柊平)から聞かされる。

第4話では、橘によると、唯は生前、ある男について調べていた。男の名は辰巳浩二。半グレ集団のリーダーで、特殊詐欺や違法ドラッグなどあらゆる犯罪に手を染め、場合によっては殺人すらいとわない危険人物だ。警察も辰巳を捕まえようと躍起になっているが、今のところ居場所さえつかめていない。

唯はその行方をたった1人で調べており、おそらく辰巳に関する重大な情報を手に入れたせいで殺された。「俺の知ってる唯は自ら命を絶つような人間じゃないから……」と無念の思いを口にする橘。辰巳を捕まえるために、唯の残したもので辰巳に関する情報はないかと澪に迫る。しかし、あまりに唐突かつ衝撃的な報せに大混乱の澪。「お姉ちゃんが……、殺された……?」

ひとりで抱えきれない澪は、夜、⻯崎⼤河(高杉真宙)に相談しようと部屋を訪ねるが、肝心の大河は最近、密かに毎晩どこかへ出かけているようで、何故だか全然寮に帰ってこない。

そんな澪の前に、新たなクセ強キャラが出現。⽕神郁男(古田新太)の一人娘・玲香(瀧本美織)がアメリカ留学から帰ってきたのだ。容姿端麗で外科医としての腕も超一流の玲香。留学前に大河を相手に“ある事件”を起こしたことは、病院内ではもはや伝説となっている。

その玲香から、さっそく目を付けられてしまう澪。どうやら玲香は、澪の秘密を知っているようで……。そして澪は、気付かぬうちに、ある“とんでもない計画”に巻き込まれてしまっていた。

画像ギャラリー

PICK UP