道枝駿佑主演『マルス』第1話の見逃し配信が100万再生を突破!

公開: 更新:
道枝駿佑主演『マルス』第1話の見逃し配信が100万再生を突破!

道枝駿佑が主演を務めるドラマ『マルス-ゼロの革命-』(テレビ朝日系、毎週火曜21:00~)。1月23日に放送された第1話の見逃し配信が100万再生を突破した。

道枝演じる謎多きカリスマ転校生・美島零(みしま・ぜろ/通称:ゼロ)に導かれ、「マルス」という動画集団を結成した落ちこぼれ高校生たち7人が大人社会に反旗を翻していく姿を、『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の人気脚本家・武藤将吾が3年ぶりに完全オリジナルで描く、爽快な新感覚青春ドラマ。現在TVerでは、記者会見の様子や、予告、キャラクター動画など多数配信中。

第1話では、放送がスタートすると途端にXで世界トレンド1位を獲得、ラストでのゼロの衝撃発言を受け、SNSでさまざまな考察合戦が繰り広げられる中、見逃し配信も順調に数字を伸ばし、ついに100万再生を突破した(※ビデオリサーチにて算出 期間:1月23日~1月29日)。

第1話を見た視聴者からは「こんな道枝駿佑見たことない」「演技の熱を感じて鳥肌が立った」と、道枝の魂のこもった演技を絶賛する声が続々。「ゼロが憑依しているみたいでゾクゾクした」「圧巻の演技!」と、ゼロというキャラクターを道枝が悩み苦しみながら生み出したからこそ、の反響も多く寄せられていた。

また、世界配信されている今作は、アジア各国やヨーロッパでも話題沸騰中!「期待以上に面白い! それぞれのキャラクターが良く考えられていて、なによりゼロと渾一の相性が抜群!」「学生たちの突破力が凄い。ゼロはクレイジーすぎるけど胸キュンです!」「第1話がすごかった! エピソードごとに楽しみな予感……脚本が複雑に絡み合っていて、第2話が待ちきれない!」、とストーリーやキャラクターを称賛する声が挙がっている。さらに「道枝駿佑は最高の俳優、人間国宝!」という熱烈なコメントも。アジアを席巻した“ミチゲッタ・シュンスケ”が、再び世界を驚かせる日も近いかも!?

第2話では、動画集団「マルス」が本格始動! 第1弾として「マルス」が選んだのは、陸上界のプリンスとして世間から注目を浴びていた天才高校生スプリンター・不破壮志(日向亘)が起こした「殺人未遂事件」。不破は、日本新記録を打ち立てるも、殺人未遂騒動を起こして陸上界を追われたのだ――同級生でもある不破の事件の裏に隠された闇を暴こうとゼロらが立ち上がる。

「マルス」の標的=今回のターゲットとなるのは、不破とスポンサー契約を結んでいたスポーツメーカー常務で“スポーツ界のドン”、不破に「殺されかけた」火野武夫(勝村政信)。事件の裏には何かがあると確信したゼロたちは、不破のもとを訪ねるが、彼は頑なに当時のことを話そうとせず……? 陸上界のプリンスが口を開かない理由とは? そして、「マルス」がたどり着く殺人未遂事件の裏に隠された大人の闇にまみれた極秘プロジェクトとは!?

PICK UP