『ハマスカ放送部』齋藤飛鳥、代役の乃木坂46・弓木奈於に感謝のメッセージ「大事なことを言います…」

公開:
『ハマスカ放送部』齋藤飛鳥、代役の乃木坂46・弓木奈於に感謝のメッセージ「大事なことを言います…」
最新エピソードを無料視聴

1月29日に放送された『ハマスカ放送部』(テレビ朝日系、毎週月曜24:15~)では、体調不良のMC・齋藤飛鳥に代わって、弓木奈於乃木坂46)が登場。ピンチヒッターを引き受けてくれた弓木に、齋藤がメッセージを贈った。

冒頭、齋藤の不在と弓木代打についてMCのハマ・オカモトOKAMOTO'S)が説明し、今夜は「ハマナオ放送部」であることを告げる。すると弓木は、通常回の「ハマスカ放送部」が、アスカの「スカ」から取っている点を指摘。自身の「ナオ」では「ハマオ」になってしまうことが心配で、「今日1日悩んでました」と打ち明ける。

そんな弓木に対し、齋藤からメッセージを預かっているとハマが伝えると、「いいんですか、そんなスペイベ」と弓木が喜ぶ。

手紙には、忙しい中、代打を引き受けてくれた弓木への感謝とともに、「弓木、大事なことを言います。この番組のMCはハマ・オカモトさんです!! あなたは何もしなくていいからね!」と先輩らしくフォロー。加えて、「ハマ×弓木、ハマッキー、すごくいい語呂だと思います!」と、弓木の心配を知っていたかのように、番組名まで考えてくれていた齋藤の気遣いがうかがえる内容となっていた。

代読したハマは、「かなりね、後輩としても信頼というか、頼りにしているんだというのが見て取れますけども」と2人の良好な関係に触れると、弓木は「ハマッキーってちゃんと考えてくれてたんだ」と喜びをあらわにした。その後「ミュージシャンの沼 第6弾」と題し、黒沢薫ゴスペラーズ)が登場。「カレー沼」について学んでいく。

SNS上では、弓木の登場を喜ぶ声のほか、ピンチヒッターをしっかりと成し遂げる姿に「大活躍!」「楽しすぎた」「弓木ワールド全開」「飛鳥ちゃんがいる時にも来てほしい」などのコメントが見られた。

次回は2月5日に放送される。

PICK UP