猪塚健太が“二股クズ野郎”役!『ブラックガールズトーク』第1話にゲスト出演「演じていて逆に清々しかった」

公開: 更新:
猪塚健太が“二股クズ野郎”役!『ブラックガールズトーク』第1話にゲスト出演「演じていて逆に清々しかった」
最新エピソードを無料視聴

朝日奈央関水渚石井杏奈がトリプル主演を務める新ドラマ『ブラックガールズトーク』(テレビ東京系、2月5日スタート、毎週月曜23:06~)のエンディングテーマと、第1話のゲスト出演者が発表された。

本作は、小学館のコミックアプリ「マンガワン」で人気連載中の、マキノマキによるシリーズ100万部突破する人気同名漫画が原作。人のモノ欲しがり女、モラハラ浮気夫、高圧的パワハラ上司、何も決められない男など、身の回りにいるお騒がせなヤバい人たちについて、仲良し女子3人組が「こういう人、いるいる!」とおしゃべりして心のデトックスをはかる、盛り上がること間違いなしの共感型リアル体験ドラマだ。

そんな本作のエンディングテーマが、6人組ダンス&ボーカルユニットONE N’ ONLYの「TALKIN’」に決定。彼らは、2018年11月にデビューを果たし、グループのTikTokフォロワー数日本人男性音楽アーティスト1位の580万人超えという注目のアーティスト。一度聴いたらつい口ずさんでしまうような明るい楽曲に仕上がっているという。

さらに、第1話に登場する豪華ゲストも解禁。朝日演じる太田佳央梨の会社に来たいかにも仕事ができそうな “伝説の派遣社員”、角松亜紀役に小林涼子。太田佳央梨の会社の”どこか頼りない上司”、飯田役に大高洋夫。石井演じる高橋奈緒の優しい彼氏……と思いきや、とんでもない“二股クズ野郎”だった高木敏行役に猪塚健太。そんな奈緒の“彼氏の浮気相手”、 新井菜摘役に樋口日奈が決定した。

以下、ONE N’ ONLYとゲスト陣から寄せられたコメントを紹介する。

<ONE N’ ONLY メンバーコメント>
――エンディングテーマが決まった時のお気持ちやドラマへの印象をお聞かせください。

TETTA:ドラマのエンディングテーマに決まったと聞いて、お話の内容を教えて頂いたら僕の好きなジャンルですごく嬉しかったです!このような日常に潜むお話がめちゃくちゃ大好きで、しかもそのドラマの中で僕達の曲が流れるのは嬉しいです! ドラマが楽しみです!!!

REI:決まった時はびっくりしましたし、嬉しかったです! ドラマへの印象は自分は妹がいるので女子トークはよく聞いていたのでまたガールズトークが聞けるのが楽しみです!

EIKU:率直にすごく嬉しいです! 男性とは違う目線での世界線が凄く楽しみです! そんな物語にこの楽曲がすごく変化を生んでくれると思います!

HAYATO:タイトルだけでも惹きつけられる素敵なドラマのエンディングを僕たちONE N’ ONLYに任せていただけたのがとても嬉しくてメンバー全員で大喜びしました。

KENSHIN:ドラマプレミア23『ブラックガールズトーク』のエンディングに僕たちの楽曲を選んで頂き大変光栄です!! たくさんの方にドラマと共に楽曲も愛してもらえたら嬉しいです。どのようなガールズトークが炸裂するのかワクワクします。楽しみです!

NAOYA:聞いた時は凄く嬉しかったです。ドラマの内容を聞いた時に絶対面白いやつだって思ったので、更に自分たちの曲で盛り上げられたら嬉しいです。

――今回の楽曲に対する印象やお気持ちをお聞かせください。

TETTA:ライブ映えしそうな曲だと感じました! お客さんと一緒に盛り上がってる画が想像出来ました!

REI:明るい楽曲で日々の悩みも語り明かして気分を晴らして前に進んでいこうって感じがしてとても良い楽曲だと思いました!

EIKU:すごく爽やかな楽曲なのでこのドラマの世界観にもあってると思いますし、一緒に楽しめる楽曲だと思います!

HAYATO:今回の楽曲はゆったりと余裕感のある心地よいリズムが癖になる曲調でストレスフリーに気が済むまで語り明かそうというメッセージが今回のドラマのストーリーにもピッタリだと思います。

KENSHIN:イントロから爽やかでサビは特に中毒性があり頭から離れないです。聴いている方と一緒に踊ったり飛んだりして、一体感が出てライブ映えしそうな曲だと思いました。

NAOYA:今までの僕たちにはなかった曲調で、歌詞がとてもドラマにあっていると思いました!

――レコーディングなどの感想やエピソードがありましたらお聞かせください。

TETTA:明るめで楽しく、ライブの感覚で歌いました!

REI:力強さもありながら明るい声色が必要だったので、口角をあげながら表現を意識しました!

EIKU:楽曲の雰囲気に合わせてディレクションの方と話し合いながらレコーディングしました!

HAYATO:ドラマのエンディングということでこのドラマのストーリーの最後に流れることを思い浮かべながらレコーディングしました。

KENSHIN:かっこよく歌いつつ、楽しく多くの方を巻き込む歌い方をしました。僕のパートで英詞が多いので発音に気をつけました。

NAOYA:テンションをいつもより上げて歌いました!

――ファンの皆様や視聴者の皆さまにメッセージをお願いいたします。

TETTA:是非ドラマも楽しみながら僕達の歌も聴いてください! この歌を聴いてこのドラマを思い出したり、このドラマを観てこの歌を思い出したり、そんな楽曲になれたら嬉しいです!!

REI:いつも応援ありがとうございます!「ブラックガールズトーク」も「TALKIN'」も両方愛してくれたら嬉しいです! お願いします!

EIKU:このドラマをきっかけにワンエンのことも知ってもらえたら嬉しいです! 一緒にドラマを盛り上げていきましょう!!

HAYATO:ファンのみんなに良い報告ができるのがとても嬉しいです! 僕たちを知らない方にもドラマと共にこの楽曲も楽しんで欲しいです。

KENSHIN:ドラマプレミア23『ブラックガールズトーク』是非楽しみにしてください! 僕自身もすごく楽しみなので一緒にリアタイしましょう! そしてエンディングテーマ「TALKIN’」もよろしくお願いします。この楽曲で日々を鮮やかに彩ることができれば嬉しいです!

NAOYA:いつも応援して頂きありがとうございます。ドラマはもちろん僕たちONE N’ ONLYの楽曲も一緒に楽しんでくれたら嬉しいです!

■ゲストコメント

<小林涼子(角松亜紀 役)>
――出演が決まった時のお気持ち、台本を読んだ感想をお聞かせください。

何処かで出会った事があるような……そんなキャラクター達に笑わされてしまいました。読み終わったあと、「あーいるいる! 私もさぁ~」なんて誰かに話したくなるなって、この作品の仲間になれることに大変ワクワクしました。

――演じられる役どころについての印象をお聞かせください。

私の演じる角松亜紀は、自己肯定感が非常に高く、なんというヤバい人なのだろう! と驚くとともに、こんなにやりたい放題の楽しい役をいただけたこと嬉しくなりました。

――撮影での感想などお聞かせください。

上田監督がとにかく笑ってくれて、スタッフさんみんなも笑っていて、私も楽し過ぎて、朝日さんとの攻防戦もずっと笑いっぱなしでした。とにかく明るい素敵な現場です。

――ドラマを楽しみにしている視聴者の皆さまにメッセージをお願いいたします。

ヤバい人達を見ていると、自分の幸せに貪欲で、真っ直ぐでなんだかちょっとだけ羨ましかったり…。いい事ばかりの毎日ではないけど、今日会ったヤバい人について皆で語って吹き飛ばして、元気になれるそんなパワーのあるドラマに仕上がっていると思います。ぜひご覧ください

<大高洋夫(飯田 役)>
――出演が決まった時のお気持ち、台本を読んだ感想をお聞かせください。

マイドーターが原作のファンなので、ファーザーはハッピーです。

――演じられる役どころについての印象をお聞かせください。

監督が「オータカさんの可愛い眼が見たい!」と云うのでw、眼鏡かけるの止めました!

――撮影での感想などお聞かせください。

ブラックではない、ガールズの多い現場でおぢさんは嬉しかったぞ!

――ドラマを楽しみにしている視聴者の皆さまにメッセージをお願いいたします。

ドント ミス イット!

<猪塚健太(高木敏行 役)>
――出演が決まった時のお気持ち、台本を読んだ感想をお聞かせください。

まず上田監督と再びご一緒できるということでとても嬉しかったです。そして台本を読み、普段は足を踏み入れることのできないガールズトークを味わうことができ、とても面白かったです。昔から、ガールズトークは危険だ! と方々から教わっていたのですが、どうやらその教えは本当そうだということがわかりました。

――演じられる役どころについての印象をお聞かせください。

わかりやすく女性の敵なクズ男です。しかし物語ではそんなクズ男を気持ち良いくらいにぶちのめしてくれるので、演じていて逆に清々しかったです!

――撮影での感想などお聞かせください。

“あの方々”が同僚役を演じてくださり、とても楽しいお芝居ができました。まさかアレを僕にやってくれるなんて! そこも楽しみにしてほしいです。

――ドラマを楽しみにしている視聴者の皆さまにメッセージをお願いいたします。

どこにでもいそうな、ちょっとムカつく癖のある人々。そんな究極体みたいな人物がたくさん出てきます。そんな人達に対して全てを代弁してくれるような3人のガールズトークを是非楽しんでください。

<樋口日奈(新井菜摘 役)>
――出演が決まった時のお気持ち、台本を読んだ感想をお聞かせください。

原作と台本を読んだ時、なんともいえぬ爽快さを感じました。私が出演させていただく第一話では、石井杏奈さん演じる奈緒ちゃんにとって悪者にならないように菜摘を演じられたらなという気持ちで撮影に臨みました。

――演じられる役どころについての印象をお聞かせください。

物事をスピーディーに決断し、最善の道へ進めていく、とてもさっぱりした女性だなと感じました。こんな人が身近にいたら、色々と相談したくなってしまう、そんな頼りにしたくなる印象です。

――撮影での感想などお聞かせください。

修羅場ともいえるとあるシーンでも、少しポップでコミカルな描写に思わずクスッとなってしまいました。放送が今から楽しみです!

――ドラマを楽しみにしている視聴者の皆さまにメッセージをお願いいたします。

日常で感じるモヤモヤやフラストレーションを代わりに成敗してくれる、視聴者の皆さまの味方になってくれるような、素敵なドラマに少しでも携われて嬉しいです! ぜひ! お楽しみに!

画像ギャラリー

PICK UP