本郷奏多“徳道”、志田彩良“硝子”から復讐の協力を求められ葛藤「支えになってあげて」

公開:
本郷奏多“徳道”、志田彩良“硝子”から復讐の協力を求められ葛藤「支えになってあげて」
「消せない「私」ー復讐の連鎖ー」を見る

志田彩良が主演を務める金曜ドラマDEEP『消せない「私」ー復讐の連鎖ー』(日本テレビほか、毎週金曜24:30〜)の第4話が、1月26日に放送。灰原硝子(志田)から復讐の協力を求められた徳道仁(本郷奏多)に対し、ネット上で「支えになってあげて……」といった声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

海崎藍里(吉本実憂)への復讐を完了させた硝子。次なるターゲットは、自分を暴行した張本人・大桃武(芳村宗治郎)だ。

武は現在、務めている会社内で厚い信頼を得ているだけでなく、妻と娘もいる幸せな家庭を築いていた。

そんな武について調べていると「シンドバッド」というバーに出入りしていることを掴む。店へ行ってみるが「当店会員制でして……」と入店を断られてしまうが、帰ろうとする硝子の前に徳道が現れた。

10年ぶりの再会に戸惑うものの、この10年の間の苦しみを打ち明けた硝子。そして、徳道にも「復讐に協力してほしい」と頼むが、徳道は復讐をやめるよう硝子を説得しようとする。しかし硝子の思いは頑なで、「普通の生き方もあるはず」という徳道に、「やっと見つけた生き甲斐なのに!」と復讐の炎を消さないと主張するのだった。

そんな硝子に、「復讐以外のことなら協力する」と名刺を渡した徳道。そこで硝子は、武が「シンドバッド」内でイベントを行っていることを突き止め、「シンドバッド」のオーナーである徳道に「ここで働かせてください」とお願いする。

SNS上では「徳道の後悔と葛藤が見える」「本郷奏多の演技が素晴らしい!」「硝子の支えになってあげて……」といった声が見られた。

次回、第5話は2月2日に放送。硝子は武が参加するオンラインサロンの会合にバーテンダーとして潜入するため、久しぶりに徳道にメイクを施してもらう。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では第1話~最新話のほか、オリジナルストーリーも配信中。

PICK UP