萩原利久“未来”が見張る中、早見あかり“めぐる”が殺される日時に姿を現したのは…

公開:
萩原利久“未来”が見張る中、早見あかり“めぐる”が殺される日時に姿を現したのは…

萩原利久が主演を務める『めぐる未来』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)の第2話が1月25日に放送。SNS上では、今まで感情を抑えていた襷未来(萩原)が豹変する場面に注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

1月15日の朝に戻ってきた未来は、時間の流れが変わっていることに気付き「過去を変えた先には、必ず歪んだ未来が待っている」という母・育子(佐伯日菜子)の言葉を思い出していた。未来は、妻・めぐる(早見あかり)の職場で仕事の手伝いをすることにし、干支ゆりか(大西礼芳)から「誰かに見られてる気がする」とめぐるが話していたと聞く。「犯人がストーカーだった場合、可能性が高いのは(職場の男性)3人」だと未来は考えた。

未来は、ゆりかに協力を求めるが「あなたのこと信用できません」と言われてしまう。しかし未来は「勘違いすんなよ」「四の五の言わずに協力しろ」と強い口調で迫る。「それが本性なんだ」「どういう事なのか詳しく教えてよ」と言うゆりかと話をする為、めぐるを先に家に帰した。

帰宅した未来は「なんか話したい事あるんじゃない?」「守りたいんだ」とめぐるに言う。めぐるは、知らぬ間にバッグに入っていた「明日18日、15時に、誰にも言わずに外階段に来てください。話があります」と書かれた手紙を未来に渡した。その頃、ゆりかは「あの人には黙ってて。襷未来」と何者かと電話をしていたのだった。

そして、18日の15時。ゆりかがめぐるを社外に連れ出し、未来が見張る中、外階段に現れたのは日南小夜(香音)だった。一方その頃、ゆりかと一緒にいためぐるは、誰かから追われていて……。

SNS上では、複雑で早いストーリー展開に「一瞬も目が離せない」「ゾクゾクする」「最高に面白い」などの声が。また、未来が強い口調でゆりかに迫る場面にも注目が集まっていた。

次回、第3話は2月1日に放送。手紙に付いていた香りにピンと来た未来は、ある人物の元へ向かう。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話とダイジェストなどが配信中。

PICK UP