馬場ふみか演じる麻酔医、様子がおかしい看護師の妹を心配して…

公開:
馬場ふみか演じる麻酔医、様子がおかしい看護師の妹を心配して…
最新エピソードを無料視聴

桐谷健太が主演を務める金曜ドラマ『院内警察』(フジテレビ系、毎週金曜21:00~)の第3話が1月26日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

本作は、「ヤングチャンピオン」(秋田書店)で連載中の「院内警察 アスクレピオスの蛇」を原作とした医療エンターテインメント。日本ではまだなじみの薄い“院内交番”を舞台に、元警視庁捜査一課刑事の主人公と天才外科医の“正義”がぶつかり合う“刑事モノ×医療モノ”2大王道ジャンルのハイブリッド作品。現在TVerでは、第1話、ダイジェストなども配信中。

先週放送された第2話では、“荒くれガンキチ”こと国会議員の岩井幸吉(ベンガル)が阿栖暮総合病院に入院。炎上発言で追及を逃れるための仮病とのことだったが、主治医で外科医の上條萌子(玄理)は岩井の異変を察知して……。ネット上では、萌子の過去と手術シーンに反響が。「泣けた」「感動」とのコメントが寄せられた。一方で、さまざまなことで暗躍する榊原俊介(瀬戸康史)に対しては「ゾクッとする」「怖い」との声があった。

<第3話あらすじ>
武良井治(桐谷)が所属する阿栖暮総合病院の院内交番に、整形外科の看護師・白石日向(工藤美桜)が駆け込んでくる。飯塚恵子という入院患者がいなくなったのだという。外科医の伊藤智(西村元貴)から医材の在庫チェックを頼まれていた交番事務員の川本響子(長濱ねる)は、室長の横堀仁一(市村正親)にそれを押しつけると、武良井とともに整形外科へと向かう。

そのころ、榊原俊介(瀬戸)は、外科部長の倉田雄二(神尾佑)から「薬王ホールディングス」社長の手術を命じられる。患者は院長と大学時代の同期で、翌月に予定されている娘の結婚式までに元気になってバージンロードを一緒に歩きたいと願っているのだという。

ほどなく飯塚は見つかった。だが、日向は病棟を離れたことを先輩看護師の神谷玲子(西山繭子)から厳しく注意されてしまう。日向が業務に戻ろうとすると、ポケットからメモ紙が落ちた。拾い上げた武良井からそれを奪うように取ると、急に呼吸が荒くなってその場に座り込んでしまう日向。武良井たちは心配するが、日向は大丈夫だと告げて業務に戻る。

そんな折、院内交番に麻酔科医の白石葵(馬場ふみか)が訪ねてくる。日向の姉でもある葵は、3か月ほど前から仕事のことを話さなくなり、最近は家にも帰ってこない妹が整形外科で何か嫌な思いをしているのではないか、と心配していた……。

画像ギャラリー

PICK UP