篠田麻里子“綾香”、伊藤淳史“渉”から多額の慰謝料をとるため水野美紀演じる離婚弁護士の元へ

公開: 更新:
篠田麻里子“綾香”、伊藤淳史“渉”から多額の慰謝料をとるため水野美紀演じる離婚弁護士の元へ
最新エピソードを無料視聴

伊藤淳史が主演を務める土曜ナイトドラマ『離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛―』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)第2話が、1月27日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

漫画家・大竹玲二による人気漫画「離婚しない男」(講談社ヤングマガジンKC)をドラマ化。同ドラマは、妻の不倫に気づかぬフリをしながら不倫の証拠を日々収集し、父親が親権を獲得するという困難な壁に立ち向かう男の姿を描く“リコン・ブラックコメディ”。現在TVerでは、本編に加え配信限定コンテンツも配信中。

前回第1話では、大手新聞社・関東新聞の社会部エース記者である岡谷渉(伊藤)はある日、妻・綾香(篠田麻里子)が男と2人でホテルに入る不倫現場を目撃してしまう。それを機に、会社には育児に専念するという理由で部署異動願を出し、在宅ワークに切り替えるようになる。

しかし渉の本当の目的は、綾香と離婚し、愛娘・心寧(磯村アメリ)の親権を得ること。娘の養育実績を作り、裁判で少しでも有利になるためだった。しかし、凄腕の離婚弁護士・財田トキ子(水野美紀)のもとを訪れた渉は、父親の親権の獲得率はわずか1割だと突き放され弁護を受けてさえもらえず……。濃いキャラクターのオンパレードに、SNS上では「キャラ大渋滞すぎる」「ひたすら爆笑」「すごいドラマ」「かなり攻めてるなぁ」などの声があがっていた。

<第2話あらすじ>
岡谷渉(伊藤)は、妻・綾香(篠田)に不倫され、離婚して、父親の親権獲得率わずか1割という高い壁を乗り越えて愛娘・心寧(磯村)の親権を獲得するため奔走中。綾香と不倫をしている、心寧が通う芸能事務所のチーフマネージャー・司馬マサト(小池徹平)が、なぜ岡谷家のマンションの隣室に引っ越ししてきたのか……渉はその真意を測りかねていた。

探偵・三砂裕(佐藤大樹)からの指示で、2人の情事を撮影するべくベランダから自撮り棒でスマートフォンを伸ばし奮闘するも、悔しさのあまりに力強く握った前歯が抜けてしまう。

ある日綾香は、渉のためにおにぎりを作ってくれるが、中の具材はなんと結婚指輪で――。しかも綾香は、洗濯物はすべて手洗いで行うよう渉に強要。加速する綾香から渉への嫌がらせを目の当たりにした裕は、一刻も早く優秀な弁護士を渉につけるべく、新たな秘策を提案する。

一方の綾香は、マサトと新生活を送るため、渉と離婚し、心寧の親権と渉から多額の慰謝料をとろうと、なんと渉と同じく凄腕の離婚弁護士・財田トキ子(水野)のもとを訪れる。そんな中、またもや隣室に住むマサトのもとへとやってきた綾香。渉と裕は、今度こそ2人の不倫の決定的証拠を押さえようと、集音マイクなどの機器をセッティングするが……?

PICK UP