志田彩良“硝子”、本郷奏多“徳道”と再会!復讐への協力を求めるが…

公開:
志田彩良“硝子”、本郷奏多“徳道”と再会!復讐への協力を求めるが…
最新エピソードを無料視聴

志田彩良が主演を務める金曜ドラマDEEP『消せない「私」ー復讐の連鎖ー』(日本テレビほか、毎週金曜24:30〜※この日は25:00~)第4話が、1月26日に放送される。
※民放公式テレビ配信サービス「TVer」と動画配信サービス「Hulu」では、毎話放送後に配信開始予定。

本作は、志田が初主演を務める、家族も友達も奪われ人生を台無しにされたヒロインが数年の時を経て濃密な復讐を遂げるリベンジ・エンターテインメント。現在TVerでは、本編に加えオリジナルストーリーも配信中。

前回放送の第3話では、灰原硝子(志田)の海崎藍里(吉本実憂)への復讐をやり遂げた際の表情に、SNS上では「ゾクゾクした」「次はどんな復讐をするのか……」といった声があがっていた。

<第4話あらすじ>
灰原硝子(志田)は、自分の人生を狂わせた首謀者・海崎藍里(吉本)を幸せの絶頂から奈落の底に突き落とし、最初の復讐を成し遂げた。復讐を一つ終わらせたときに10年ぶりに笑えた……そんな硝子の次の狙いは、自分を暴行した張本人、大桃武(芳村宗治郎)だ。2番目の復讐相手の武は妻と娘と3人で幸せな家庭を築いていた。

「絶対に地獄を見せてやる」

武に近づく方法を探る硝子は、武が「シンドバッド」という名のバーに出入りしていることを突き止める。だが、店は会員制のようで、中に入れてもらえない。諦めて帰ろうとしたその時、「硝子?」と呼び止めたのは、徳道仁(本郷奏多)だった。

徳道は配信の仕事を辞め、今は飲食グループの経営者になっていた。「シンドバッド」も徳道の店だという。10年ぶりの再会。硝子は戸惑いながらも、この10年間の苦しみを打ち明ける。家が焼け、両親が亡くなったこと。学校を辞めて田舎の祖母の家に引きこもっていたこと。そして復讐のために東京に戻って来たこと……。

「お願いがあるんです。私も、会員にしていただけませんか?」と復讐への協力を求める硝子。だが、徳道の返事は、硝子の期待を裏切るものだった。

全ての復讐の果てに待ち受けるものとは……!? 10年ぶりの再会が、2人の運命を変えていく!

画像ギャラリー

PICK UP