鈴木砂羽“美和子”にラブレターが!差出人の正体は?

公開:
鈴木砂羽“美和子”にラブレターが!差出人の正体は?
「相棒 season16」を見る

水谷豊が主演を務める『相棒season22』(テレビ朝日系、毎週水曜21:00~)の第13話が、1月24日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

今シーズンでは、水谷×寺脇康文――再会2年目を迎える“伝説のコンビ”が、新たなる挑戦に乗り出す。なお現在TVerでは、最新話のほか、第1話~第3話なども配信されている。

前回放送の第12話では、加害者が被害者となる殺人事件が連続で巻き起こり、杉下右京(水谷)は推理を進めていく中であることに気づく。過去に、犯罪者たちの心を自在に操り、次々と殺人事件を起こさせた男がいて、その犯罪者らは例外なく、犯行後に死亡している。その事件――逆五芒星事件が、今回の殺人事件と類似している。右京は、ロンドン研修時代の相棒で、のちに連続殺人事件を起こした南井十(伊武雅刀)が生きているのではないかと狼狽え……。SNS上では、この展開を受け「面白すぎる」「(右京が)狼狽している」「恐ろしい」​​とのコメントがあがっていた。

<第13話あらすじ>
匿名で5通もの“ラブレター”を受け取った亀山美和子(鈴木砂羽)は、色めき立って、杉下右京(水谷)に差出人の割り出しを依頼する。その様子を横目で見ていた亀山薫(寺脇)は、不機嫌モード。そんな中、伊丹憲一(川原和久)と偶然、路地裏で出くわした薫は、喉を切られて死んでいる男性を発見。その手には、“亀山美和子様”と書かれた封筒が握られていた。被害者は、美和子が行きつけにしているカフェの店員で、封筒の中身は持ち去られていた。

捜査に乗り出した右京は、被害者が戸倉充(モト冬樹)という画家の絵画展のチケットを所持していたことに着目。戸倉は12年前に失踪した妻の捜索を求め、地元警察署の前で座り込みを続けているいわく付きの人物だった。所轄の刑事によると、戸倉の妻は失踪直前、「男に襲われていた」との目撃証言があり、戸倉のパトロンが容疑者として浮上したものの、問題の男は暴力団同士の抗争に巻き込まれて死亡したという。いきさつを知った右京と薫は、戸倉のもとを訪れ、直接事情を訊ねるが……!?

画像ギャラリー

PICK UP