奈緒“瞳”、木梨憲武“雅彦”が治療を受ける気になる作戦を考える

公開:
奈緒“瞳”、木梨憲武“雅彦”が治療を受ける気になる作戦を考える
最新エピソードを無料視聴

奈緒木梨憲武とんねるず)がW主演を務める『春になったら』(カンテレ・フジテレビ系、毎週月曜22:00~)の第2話が1月22日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

本作は、3か月後に結婚する娘・椎名瞳(奈緒)と、3か月後にこの世を去る父親・雅彦(木梨)の笑って泣けるハートフル・ホームドラマ。

第1話では、2024年の元日に瞳が「3か月後に結婚します!」、雅彦が「3か月後に死んじゃいます!」と報告。雅彦は売れてないお笑い芸人との結婚に大反対。一方、雅彦はステージ4のすい臓がんであること、余命3か月であることを告白するが、瞳は信じようとはせず……。ネット上では「初回から涙腺崩壊」「(瞳と雅彦の)掛け合いがいい」といったコメントが寄せられた。現在TVerでは、奈緒と木梨のスペシャルインタビュー、第1話ダイジェストなどが配信中。

<第2話あらすじ>
椎名瞳(奈緒)の婚約者・川上一馬(濱田岳)のお笑いライブを一人で偵察に行った雅彦(木梨)は、一馬がバツイチの子持ちだと知り、大激怒。その場に居合わせた瞳と、人目もはばからず激しい言い争いを繰り広げる。まともに話も聞かないまま一馬を全否定した雅彦に怒りが爆発した瞳は、病気の雅彦のことなど構わず、一度はキャンセルした結婚式をやはり決行すると息巻くが、一方で、雅彦に祝福されて結婚したいという思いは捨てきれない。

そんな中、徐々に体に異変を感じ始めた雅彦は、瞳の“結婚までにやりたいことリスト”にならい、自らも“死ぬまでにやりたいことリスト”を作る。そこには、これまでの人生でやり残したことや、過去と向き合おうとする雅彦の最後の願いが詰まっていた。それを見た瞳は、自分という家族がいながら、なぜ雅彦がこうも簡単に死を受け入れるのか、ますます分からなくなってしまう。そこで、主治医である緩和ケア医の阿波野弘(光石研)を訪ね、雅彦の本当の気持ちを聞き出そうとするが……。

さらに、雅彦に1日でも長く生きてほしいと願う瞳は、雅彦が生きることに理由を見出し、治療を受ける気になるよう、ある作戦を考える。

画像ギャラリー

PICK UP