萩原利久“未来”が「発症型タイムリープ」で早見あかり“めぐる”の死の真相に迫る!

公開:
TVerで無料視聴!

萩原利久が主演、早見あかりが共演する『めぐる未来』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)の第1話が1月18日に放送。自分の意志でコントロール出来ない“発症型”のタイムリープで妻を救うという新感覚の展開がSNS上で話題となった(以下、ネタバレが含まれます)。

デザイナー兼イラストレーターの襷未来(萩原)は、出版社の編集部に勤める妻・めぐる(早見)と平穏な日々を過ごしているが、未来には秘密がある。それは、感情の起伏が激しくなると、自分の意志とは関係なく過去のどこかに戻ってしまう病を抱えていること。未来は幼い頃からずっと感情を押し殺して生きて来た。ある日、未来が自宅で仕事をしていると「しんじゃうよ」と一言、非通知の不審な電話かかってきて、未来は「嫌なイタズラだな」とため息をついた。

結婚記念日の夕方、未来に一本の電話が。病院に向かうと「15時頃、めぐるが職場の外階段で転落死した。自殺の可能性が高い」と警察から説明を受ける。めぐるの遺体を目の前にした未来は「嘘だ!」「何で自殺なんか!」と感情が爆発。すると、未来は病を発症し、その日の昼12時頃の自宅へタイムリープする。未来は「絶対にめぐさんを救う」と心に誓い、めぐるの職場へと向かった。

何かと理由をつけて、めぐるの職場に居座り、無事めぐるの死を回避した未来。帰宅途中、未来からの結婚記念日のプレゼントに喜ぶめぐるだったが「会社に(未来への)プレゼント忘れた!」「取ってくる!」と、めぐるは1人会社に戻った。すると、また未来に非通知の電話が。未来は慌ててめぐるの後を追って……。

SNS上では、新感覚の考察型タイムリープサスペンスに「ドキドキ、ハラハラ」「(職場の人)全員怪しい」「続きが気になる!」などの声が上がった。

次回、第2話は1月25日に放送。職場の人間が怪しいと考えた未来は、めぐるの職場で仕事の手伝いをする。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、予告動画も配信中。

画像ギャラリー

PICK UP