恒松祐里演じる“わがままライバー”が手術を拒否するワケとは?

公開: 更新:
恒松祐里演じる“わがままライバー”が手術を拒否するワケとは?
最新エピソードを無料視聴

川栄李奈が主演を務める水曜ドラマ『となりのナースエイド』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)第2話が、1月17日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

現役医師のベストセラー作家・知念実希人×3人目のバナナマンと呼ばれるコントの名手で脚本家・オークラが仕掛ける一癖も二癖もある病院ライフエンターテインメント。ナースエイドとは、医療資格はないが、患者の入浴や食事の介助など、身の回りのサポートを行う役職のこと。そんな新米ナースエイドの桜庭澪は、医療用語に詳しく、患者の気持ちに寄り添う頑張り屋。人のことに首を突っ込みすぎることもある彼女だが、じつはその笑顔の裏には、ある秘密があって……。現在TVerでは、予告編などが配信中。

第1話の放送後、天才外科医・竜崎大河役・高杉真宙の髪を下ろした“オフ大河”に「たまらない」との声があがっていたほか、ナースエイド・桜庭澪(川栄)のラスト一言にも衝撃の声があがっていた。

<第2話あらすじ>
「私は……人殺しです」。新人ナースエイドの桜庭澪(川栄)は、急死の危険性もあった患者を立て続けに救ったことで、天才外科医・竜崎大河(高杉)から“何者だ?”と正体を怪しまれてしまう。自分は人殺し――そう答える澪は、すぐに「冗談です……忘れてください」と訂正するが、大河は釈然としない様子。

さらに、オペ室で大立ち回りを演じた澪の話はあっという間に看護師たちに知れ渡り、澪は完全にモンスターナースエイド扱い。まるで腫れ物にでも触るかのような、よそよそしい態度を取られてしまう。

そんな中、星嶺医大が誇る“超高級特別個室”に超わがままなインフルエンサーが入院、大河が担当医となり、統合外科にまたまたトラブルの予感!? そのインフルエンサーは、ライバー「なしもえ」こと高梨萌(恒松祐里)。今や配信だけにとどまらずタレントとしても活躍し、まさに人気絶頂のさなかにステージ1の膵臓ガンが発覚。幸い発見が早かったため、すぐに手術を受ければ完治が可能なのだが、何故か萌は「手術を受けたくない」と、頑なに手術を拒否。理由を聞いても、「嫌なものは嫌」の一点張り。

手術をしないと、助かるはずの命も助からない。本来ならば救うことが出来る命を見過ごせない大河だが、萌の説得に時間をかけている余裕もない。なぜなら、大河には日本初の事例となる大手術が控えているからだ。萌への説得は別の人に任せる方が合理的……そう考えた大河から彼女の説得を任された澪は、どうすれば萌が心を開いてくれるのか悩み始める。

わがままなライバーが手術を拒否するワケとは? そして自分を“人殺し”と呼ぶ澪の過去に一体何が……? 全く関係ないはずの2つの“秘密”が思いもよらぬ形で交差していく……。

画像ギャラリー

PICK UP