ファーストサマーウイカ、中島健人は「嘘の無いアドリブが素晴らしい」

公開:
ファーストサマーウイカ、中島健人は「嘘の無いアドリブが素晴らしい」
最新エピソードを無料視聴

ファーストサマーウイカが、1月16日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料配信される中島健人SexyZone)主演の火ドラ★イレブン『リビングの松永さん』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00~)に出演する。グラフィックデザイナーで本の装丁などのデザインもしている松永純(中島)の担当編集者・三枝美樹役を演じる。

恋に不器用なカタブツのアラサー男と、ピュアで一生懸命で恋愛偏差値「3」の女子高生が、時に衝突し、時に助け合う事で互いを認め合い成長していく、ドキドキ年の差ラブコメディ。現在TVerでは、中島、高橋らキャストによる座談会が配信中。

前回放送された第1話では、松永が、シェアハウスで暮らすことに反対する園田美己(高橋ひかる)の母親に向かって、「俺が美己さんの保護者代わりじゃダメですか?」と説得するシーンが話題に。ネット上では「世話焼きの松永さんに惚れた!」「“俺じゃダメですか?”にやられた……」「こんなシェアハウス最高!」といった声が。放送開始後すぐに、X(旧Twitter)では、“リビングの松永さん”が日本トレンド1位にランクイン。続いて、放送時間内に世界トレンド1位も獲得した。

<ファーストサマーウイカ コメント>
――『リビングの松永さん』のご出演が決まった時のお気持ちを教えてください。

実写ドラマ化のニュースを見て、待ってました! と興奮していた矢先、出演のお話をいただき、やったーーーー!! の一言に尽きます。大好きな作品なので本当に本当に嬉しいです!!

――編集者の三枝美樹を演じる上での役作りなど、教えてください。

原作から少しアレンジされたキャラクターではありますが、松永さんを俯瞰から見守り支えるポジションなので、シェアハウスの人達とは少し違う雰囲気や役割を纏えたらいいなと思います。

――原作の大ファンだと伺いました。原作の魅力を教えてください。

単行本の帯も書かせていただいたのですが、ミーコ(美己)にその場所を変わって欲しいと思えるところ! 大人が読んでも高校生のミーコのピュアな恋にちゃんと感情移入できるストーリー、全キャラ好きになっちゃう登場人物の個性豊かさ、そして絵の美しさ!

――ウイカさんから見て、ドラマバージョンの『リビングの松永さん』はいかがでしょうか? 台本、キャスティングなど、推しポイントを教えてください。

普段から好きな作品は脳内で実写キャスティングするのですが、ケンティーの松永さんは予想外の角度で驚きました! 眼鏡とケンティーの相性は抜群なので、圧倒的破壊力を持った松永さんになってしまいました。ヤバいです。そこに圧倒的な可愛さと無垢さ溢れる高橋ひかるミーコ。癒されます。間違いない、もう完璧な布陣です。この2人であの名シーンが見たい……! と原作ファンとしても興奮が止まりませんし、ドラマから入られるかたもきっと胸キュンが止まらなくなるはず!

――松永さんを演じる中島健人さんとのシーンが多いですが、撮影はいかがでしたか? 撮影現場で目撃されたケンティーさんのステキエピソードなどもあれば教えていただけるとありがたいです。

松永さんバージョンのケンティーは、原作へのリスペクトと、シーン一つひとつへのアプローチ、意識が本当に高くて、原作ファンとしても共演者としても感動しています。あと、アドリブ芝居の凄さ。ケンティーとしても松永さんとし ても真っ直ぐだからこそできる嘘の無いアドリブが素晴らしいので、是非オンエアされて欲しいです(笑)。

――最後に、ドラマを楽しみにされている皆さまにメッセージをお願いします。

原作ファンの皆さんも、ドラマ好きの皆さんも、ギャーーー!! とテレビの前で叫んでしまうような、胸キュンが止まらない火曜夜11時になります。私も一緒に叫びます! お楽しみに!

<第2話あらすじ>
園田美己(高橋)の叔父でオーナーの河北雅彦(山口森広)が日本を発つ日、シェアハウスでは新たな住人となった 美己の歓迎会が開かれる。するとその席で、松永純(中島)は美己専用のルールを設けると宣言。「門限は5時半」「無駄遣い禁止」「早寝早起き」――まるで昭和の親父だと、鈴木健太郎(向井康二)らシェアハウスのメンバーからはブーイングが起きるが、美己の保護者代わりとして責任をまっとうしようとする松永の意思は固く、美己も渋々受け入れる。その夜、松永はデザイナーとして自分が手掛けている小説の装丁について、美己に意見を求める。小説の内容が学園ラブストーリーということもあり、リアル10代である美己の声を参考にしようと思ったのだ。しかし、2種類のデザインを見せ「ミーコならどっちがいい?」と聞くと、思いもよらない答えが返ってきて……。

翌日、松永が出版社での打ち合わせを終えて帰ると、門限の夕方5時半を過ぎているのに美己が帰ってきていない。それどころか夜8時になっても連絡がつかず、大貫朝子(黒川智花)や健太郎がのんきに構えるなか、 松永は気が気ではない。そのうえ、遊びたい盛りの女子高生相手に煩わしいルールなど作るからだと2人に責められ、いてもたってもいられなくなった松永は美己を探し回る。すると、浮かない表情で駅前を歩く美己の姿を見つける。

画像ギャラリー

PICK UP