『恋する警護24時』1話:Snow Man・岩本照、なにわ男子・藤原丈一郎の華麗なアクションシーンに騒然「身のこなしヤバい」【ネタバレあり】

公開:
『恋する警護24時』1話:Snow Man・岩本照、なにわ男子・藤原丈一郎の華麗なアクションシーンに騒然「身のこなしヤバい」【ネタバレあり】

岩本照Snow Man)が主演を務める『恋する警護24時』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)の第1話が、1月13日に放送。岩本と藤原丈一郎なにわ男子)によるアクションシーンに、ネット上では関連ワードがトレンド入りするほどの盛り上がりを見せた(以下、ネタバレが含まれます)。

以前担当した案件の被害者から逆恨みされている弁護士の岸村里夏(白石麻衣)は、所属する法律事務所の所長・矢吹賢治(小野武彦)の提案もあり、ボディーガードをつけることに。里夏を警護するのは、ストイックでクールな表情を崩さないRACCO警備保障のエース・北沢辰之助(岩本)だった。

融通が利かず、「任務なので」としか言わない辰之助に反発する里夏は、辰之助を振り切って逃走。しかし、辰之助は里夏に悟られないまま後をつけており、警護を継続していた。「あなたを助けたい。信じてくれないと助けられない。信頼してくれないと」と訴える辰之助に、少しだけ心が動く里夏。そんな中、里夏に母校の大学から講演をしてほしいという依頼が舞い込む。

不特定多数の出入りする危険な講演会の警備に、辰之助はもちろん、社長の塚本和江(松下由樹)や後輩の原湊(藤原)、同僚の椎谷厚徳(今野浩喜)や村田耕太(北村圭吾)らも加わるが、作業員に扮した不審者の侵入を許してしまう。

里夏を狙う男女2人の不審者のうち、湊は男と激しい攻防を繰り広げ、辰之助は里夏をカッターナイフで切りつけた女を制圧。さらに、湊が取り逃がした男に襲いかかられるも、取り押さえることに成功する。男の振り回すナイフの太刀筋を見切り、足払いで男を組み敷いた辰之助は、仲間に後を引き継いで里夏の元へと向かうのだった。

2人が披露した迫力満点のアクションシーンに、ネット上では「かっこよすぎる」「身のこなしヤバい」「すごかった!」「見入ってしまった」などのコメントが多く寄せられた。

次回、第2話は1月20日に放送。24時間体制で警護されることになった里夏は、辰之助たちの暮らす社員寮で暮らすことになる。

PICK UP