長濱ねる​​“川本”、自由奔放な桐谷健太“武良井”に毒舌「クソつまらない!」

公開:
TVerで無料視聴!

桐谷健太が主演を務める『院内警察』(フジテレビ系、毎週金曜21:00~)の第1話が1月12日に放送。ネット上では、川本響子(長濱ねる)が、​​武良井治(桐谷)に放った一言に反響があった(以下、ネタバレが含まれます)。

新しく阿栖暮総合病院の​​医療事務として働くことになった川本。患者の間で起こったゴタゴタを解決した武良井に連れられてやって来たのは、総務課でもなく、事務室でもなく「院内交番」だった。

そう。彼は医師や看護士ではなく院内刑事。川本は、この病院に交番事務員として配属されたのだ。院内交番は、病院の秩序を守るために設置された組織らしいが、院内からは「軽薄で」「空気の読めない」「給料泥棒」の3Kと呼ばれていた。

初日から、自由気ままに仕事をする武良井に振り回され、川本は苛立っていた。感情をぶつけても、武良井​​は態度を改めない。「4Kの武良井​​さんに言っても仕方がない」「軽薄で、空気の読めない、給料泥棒、そしてクソつまらない!」と吐き捨てるが、彼は「言うね〜。でも、4Kの方が高画質な感じがしていいかもね」と返してきた。

ネット上では、川本の毒舌に「良きヒロイン」「川本さんの口から『クソつまらない』w」との声があった。

また、天才医師・榊原俊介(瀬戸康史)と武良井​​の対峙シーンも話題に。榊原に何やら裏があることを見抜いていた武良井​​は「榊原先生は、素晴らしい医師だ。あなたは神から手術の才能、ギフトを授かった。でも本当は英語じゃなくて、ドイツ語の方だったりして」と語りかける。ギフトはドイツ語で「毒」という意味をさしていて……。

そんな、武良井と榊原のやりとりには「魅力的」「ゾクゾクした」とのコメントがあった。

次回は1月19日に放送。院内で、長い髪の女性の幽霊に遭遇したという噂があがる。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、配信限定のトーク動画、5分で振り返る1話ダイジェスト動画が配信中。

画像ギャラリー

PICK UP