岩本照&白石麻衣演じる“ボディガード&弁護士”、相性最悪の2人にいきなり危機到来!

公開:
岩本照&白石麻衣演じる“ボディガード&弁護士”、相性最悪の2人にいきなり危機到来!
最新エピソードを無料視聴

岩本照が主演を務める『恋する警護24時』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~※初回拡大スペシャル)が、1月13日にスタート。また、民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

連続ドラマ初単独主演・岩本×ラブコメの名手・金子ありさ脚本でおくるオリジナルドラマ『恋する警護24時』――ヒロインには白石麻衣、主題歌にはSnow Manの新曲「LOVE TRIGGER」という最高の布陣、で届ける考察あり、アクションあり、そしてラブありの考察系アクション・ラブコメディ。現在TVerでは、予告編や配信限定コンテンツが配信中。

少数精鋭のボディガード会社に勤める要人警護=ボディガードのスペシャリスト・北沢辰之助(岩本)の元へ、法律事務所から警護依頼が舞い込みます。警護対象者は、以前担当した案件で逆恨みされ、命を狙われている可能性があるという弁護士・岸村里夏(白石)。ところが、当の里夏本人は警護なんて必要ないと思っているうえに、そもそも弁護士として行動を制限されることを嫌がり、ボディガードを付けることに否定的。それでも既に契約を交わしてしまったこともあり、周囲からの説得で1日だけ警護することを渋々承諾するのだが……。

いざ、クライアント先に向かおうとした里夏は、安全確保のためと辰之助に移動手段やルートも決められ、挙句、エレベーターの混雑を避けるためと6階まで階段を上らされ、イライラは募るばかり。さらに、里夏にとって大切な新規クライアント先の社長・漆原透吾(溝端淳平)との打ち合わせも、辰之助の威圧感と存在感のせいで仕切り直しとなってしまうハメに。我慢ならなくなった里夏は、ついに辰之助に任務終了を言い渡し、なんと辰之助を巻いて逃走!

そんな出会って早々にぶつかり、相性最悪っぷりを露呈する2人だが、あることをきっかけに変化が生じはじめることに!? 

信頼し合うどころか、反目し合う辰之助と里夏だが、そんな2人に第1話からいきなり危機が迫ることに! 母校の講演会でスピーチの依頼を受けた里夏は、どうしても出たいと申し出るが、そこは広い会場で警護も困難なものに。辰之助は相棒ボディガードの原湊(藤原丈一郎)たちとのチームで入念な準備の元、警備計画を立てるのだが……。思いもよらない形で不審者が里夏に迫ってくる。はたして不審者の正体とは? そして辰之助たちボディガードは、この窮地にどう出るのか!?

辰之助や原たちボディガードの本格的な警護アクションも披露される、緊迫のシーンは目が離せなくなること必至!

<第1話あらすじ>
ボディガード会社・RACCO警備保障に勤める北沢辰之助(岩本)に、法律事務所から警護依頼が舞い込む。警護対象は弁護士・岸村里夏(白石)。以前担当した案件で逆恨みをされ、命まで狙われているという。契約書も無事交わし、警護をスタートさせようとしたその矢先、里夏から「ボディガードなんていりません!」という耳を疑う一言が……! このままだとキャンセル料が発生してしまうという事で、今日1日だけ警護される事を渋々了承した里夏。

辰之助と相棒ボディガードの原湊(藤原)の警護のもとクライアント先に向かう里夏は、安全のため移動手段からルートまで決められ、エレベーターの混雑を避けるためにハイヒールで6階まで階段を上らされるなど、辰之助の融通の利かなさにイライラ。それでも、新しいクライアントである新進気鋭のミールキット会社・社長の漆原透吾(溝端)を前に張り切るが、威圧感と存在感のすごい辰之助のせいで漆原との打ち合わせも仕切り直しとなってしまう。我慢の限界に達した里夏は、辰之助に警護は今日限りと告げると、辰之助を巻いて逃走をはかる。

そんな中、里夏は母校で講演会に参加することとなり、そこで本当に命を狙われる事件が起きて……!?

画像ギャラリー

PICK UP