永野芽郁“雨”、かつて「必要ない」と切り捨てられたパティシエと再会

公開:
永野芽郁“雨”、かつて「必要ない」と切り捨てられたパティシエと再会
最新エピソードを無料視聴

永野芽郁が主演を務める月9ドラマ『君が心をくれたから』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第2話が1月15日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

本作は、純愛小説の名手・宇山佳佑によるオリジナル脚本。主人公・逢原雨(永野)が、かつて心を通わせた男性、朝野太陽(山田裕貴)のために自分の“心”を差し出す宿命を背負うことから始まるファンタジーラブストーリー。なお現在TVerでは、第1話のダイジェスト動画などが配信中。

第1話の放送の際は、高校時代の太陽と雨についてネット上で「透明感がすごい」「号泣」「甘酸っぱい」​​とのコメントがあった。

<第2話あらすじ>
逢原雨(永野)は、かつてただ一人心を通わせた男性・朝野太陽(山田)と高校時代以来の再会を果たす。しかし再会を喜んだのも束の間、太陽が事故に遭ってしまう。悲しみに暮れる雨の前に“あの世からの案内人”を名乗る男・日下(斎藤工)が現れ“奇跡”を提案する。それは「雨の五感を差し出す代わりに、太陽の命を助ける」というものだった。そして雨は、太陽のためにその“奇跡”を受け入れた。

朝野太陽(山田裕貴)
朝野太陽(山田裕貴)

最初に奪われる五感は味覚。日下は雨の味覚はあと14日ほどで失われてしまうと告げ、奇跡のことや案内人のことは口外してはならない、と忠告する。真実を話してもいいのは太陽だけだという。もう一人の案内人・千秋(松本若菜)は、一人で乗り越えられるほど五感を失うことは簡単ではないのだから、正直に話すべきだと雨に助言する。しかし雨は、真実を話せば太陽が自分を責めてしまう、と言って拒否する。

太陽を見舞った雨は、彼の妹・春陽(出口夏希)が差し入れで持ってきたマカロンをもらう。マカロンは高校時代に太陽がある“お菓子言葉”と共にくれた、思い出の味だった。

逢原雨(永野芽郁)、朝野太陽(山田裕貴)
逢原雨(永野芽郁)、朝野太陽(山田裕貴)

雨は、味覚を失う前に好きなものを食べようと食べ歩きに出かける。そんな折、週末に「長崎スイーツマルシェ」が開催されることを知る。そのゲストに招かれていたのは、かつて雨を「必要ない」と切り捨てたパティスリー「レーヴ」のパティシエ・田島守(ジャン・裕一)で……。

画像ギャラリー

PICK UP