猫猫、上級妃たちに秘術を伝授!?『薬屋のひとりごと』陸孫を内山昂輝が担当

公開:
猫猫、上級妃たちに秘術を伝授!?『薬屋のひとりごと』陸孫を内山昂輝が担当

1月13日に放送されるTVアニメ『薬屋のひとりごと』(日本テレビ系、毎週土曜24:55~)の第14話のあらすじ、先行カットが解禁された。また、内山昂輝が羅漢(ラカン/CV:桐本拓哉)の部下で副官の陸孫(リクソン)を担当することも発表された。

噂と陰謀が錯綜する後宮で働く元薬屋の少女・猫猫(マオマオ/CV:悠木碧)と、猫猫に目をかける麗しの貴人・壬氏(ジンシ/CV:大塚剛央)が織りなす極上のミステリー。原作は、シリーズ累計2700万部突破の「薬屋のひとりごと」(著者:日向夏・イラスト:しのとうこ(ヒーロー文庫/イマジカインフォス刊)。1月6日からは第2クールがスタートしており、早くも話題に。

前回の第13話で猫猫は、後宮を解雇されたものの、壬氏に身請けされる形でまた宮廷に戻ることになった。新しい職場は外廷にある壬氏の家で……。

<第14話 「新しい淑妃」あらすじ>
新たに後宮に入った楼蘭妃を交えて、上級妃たちに妃教育が行われることになった。

官女試験に落ちて壬氏の部屋付きの下女となった猫猫は、玉葉妃と梨花妃の推薦もあり、その講師を頼まれる。

緑青館から教材を取り寄せ、寝室での秘術を伝授する猫猫。その夜、授業を終えた猫猫が休んでいると、外から不審な音が聞こえ、好奇心が刺激されるが……。

画像ギャラリー

PICK UP