桐谷健太『院内警察』撮影中に「どんどんさん」とアドリブ合戦勃発!?

公開:
長濱ねる、桐谷健太、瀬戸康史、市村正親
長濱ねる、桐谷健太、瀬戸康史、市村正親

1月12日に15分拡大SPでスタートする桐谷健太主演のドラマ『院内警察』(フジテレビ系、毎週金曜21:00~)のトークイベントが9日に行われ、桐谷、瀬戸康史長濱ねる市村正親が登場した。

『院内警察』は、「ヤングチャンピオン」(秋田書店)で連載中のマンガ「院内警察 アスクレピオスの蛇」を原作とした刑事モノ×医療モノのハイブリッド作品。劇中では、桐谷演じる院内刑事・武良井治と瀬戸演じる天才外科医・榊原俊介の“正義”がぶつかり合う緊迫したシーンも登場するが、トークイベントでは「ぶっちゃけ白黒トーク」と題し、撮影現場での過ごし方や裏話など、ここだけのエピソードが和やかな雰囲気で語られた。

桐谷健太
桐谷健太

司会進行役の伊藤利尋アナウンサーから「患者役のでんでんさんとアドリブ合戦になっている?」と質問されると、桐谷は「アドリブ合戦というより、でんでんさんのアドリブ」「どんどん来ちゃうから“どんどんさん”と呼んでます」と告白。でんでんからも「どんなアドリブを入れても返してくれるから、安心してできちゃう。私のリトマス試験紙的な役割をしてくれてる」とコメントがあり、出演者からはでんでん流の褒め言葉に「どういうこと?」と笑いが起こった。

市村正親
市村正親

また昨年、俳優活動50周年の節目を迎えた市村からは、優しくおだやかな交番室長役に対し「こういう役は初めて。難しいですね」と意外な発言が。「私生活から怒らないように心がけないと、優しい顔にならない」と、真摯に役へ向き合う姿が明かされた。

瀬戸康史
瀬戸康史

ドラマのテーマに沿って、見どころを語る白トークとぶっちゃけ話を語る黒トークのお題が入ったおみくじも登場。桐谷が「撮影中の裏話」という白トークお題を引き当てると、LEGOブロック好きの長濱が「朝、未開封のもの(LEGO)を持ってきて……」と撮影の合間にこつこつ組み立てていることを明かした。同じくLEGOブロック好きの瀬戸と意気投合し、「最初に話したのが多分LEGOの会話」と意外な共通点が判明する。

長濱ねる
長濱ねる

ほかにも、おみくじでは「共演者の方々に聞いてみたかったこと」というぶっちゃけトークや、4人の「超最速!今年の漢字」などが登場した。

なお、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、本トークイベントの様子を配信予定。

長濱ねる、桐谷健太、瀬戸康史、市村正親
長濱ねる、桐谷健太、瀬戸康史、市村正親

画像ギャラリー

PICK UP