菅井友香“樹”、中村ゆりか演じる元恋人の上司“冬雨”から突然のキス「2人の過去が気になる」

公開: 更新:
TVerで無料視聴!

菅井友香中村ゆりかがW主演を務める『チェイサーゲームW パワハラ上司は私の元カノ』(テレ東系、毎週月曜26:35〜)の第1話が1月8日に放送。女性同士の恋愛と仕事を扱うドラマに、SNS上では反響の声が寄せられていた(以下ネタバレが含まれます)。

ゲーム会社で働く春本樹(菅井)は、みんなから慕われるスタッフ。ある時、日中合同で人気コミックのゲーム化プロジェクトを進めることになり、開発チームのリーダーに抜擢された樹だったが、中国クライアントの責任者として現れたのは元恋人の林冬雨(中村)だった。

冬雨は、最初から「皆さんには最大のパフォーマンス、すなわち激務をしてもらいます。それができないなら、ここから去ってもらいます」と冷たく宣言。和気あいあいとした雰囲気は一変し、メンバーも不安な様子を見せる。

それでも、中国の慣習に習ってオフィスで歓迎会を開くと、心配する樹をよそに冬雨は「中国ではリーダーが率先して飲むの」と豪快に酒を一気飲み。負けじと樹も酒を飲み、全員で2軒目に行くことになるが、冬雨は途中で席を立ってしまう。

なかなか戻ってこないのを心配した樹が様子を見に行くと、外でぐったりとしている冬雨を発見。「飲めるようになったからって、限度があるでしょ。元は下戸なんだから」と背中をさすりはじめる。昔を思い出し懐かしそうにする樹だったが、振り返った冬雨は樹の口元に突然キス。動揺した樹は思わず冬雨を突き飛ばしてしまう。戸惑いながら席に戻る樹だったが……。

SNS上では、「2人の過去が気になる」「怒涛の展開」「エンディングがやばい」といった感想が寄せられていた。

次回第2話は1月15日、冬雨が樹へ復讐を宣言する。

画像ギャラリー

PICK UP