西島秀俊、芦田愛菜はポンコツ?父親役を通じて感じた意外な素顔を紹介

公開:
西島秀俊、芦田愛菜はポンコツ?父親役を通じて感じた意外な素顔を紹介
最新エピソードを無料視聴

1月14日に初回25分拡大SPでスタートする日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』(TBS系、毎週日曜21:00~)の制作発表が8日、都内で行われ、主演の西島秀俊をはじめ、芦田愛菜宮沢氷魚新木優子當真あみ佐藤緋美久間田琳加石田ゆり子津田寛治満島真之介玉山鉄二が登壇した。

本作は20代の頃から海外で活動し、数々の有名オーケストラと共演してきた才能あるマエストロ(指揮者)・夏目俊平(西島)と、俊平と決別し、離れて暮らしていた娘・響(芦田)との5年ぶりの同居生活を通じて親子の絆、人生の再生が描かれるヒューマンドラマ。

西島秀俊
西島秀俊

西島は、大好きな音楽に対して常にアパッシオナート(情熱的)に向き合い、その情熱はいつも演奏家たちの眠っていた情熱を呼び覚ますが、プライベートはちょっとポンコツという役どころ。現場で本作の音楽監修を務める広上淳一ら著名な指揮者の指導を受けながら役作りをしていたといい、「教えてくれた先生の個性も役に反映させています」と紹介。

芦田との共演については「台本上はポンコツの父親としっかりものの娘という設定なんですけど、芦田さんも意外とポンコツで……」と芦田の撮影時のエピソードを紹介。「意外と足をぶつけたりおっちょこちょいで、ただの似た者同士の喧嘩みたいになっていて面白いです。皆さんは完璧なイメージを持っていると思いますけど、(芦田さんは)結構ポンコツです」とユーモアを交えて話す。

芦田愛菜
芦田愛菜

芦田はこれに「否めないです」と照れ笑い。「段取りをやっていて、怒って階段を上るシーンがあったんですけど、リハーサルで転んでしまって……。西島さんや監督がそれを見て『さっきのいいね』って。そのシーンが採用されてしまったりしたんです」と恥ずかしそうに撮影を振り返る。また、芦田は劇中でバイオリンの演奏シーンもあり、「難しくて、『ああ、もう無理』って投げ出したくなったりしました。でもバイオリンは響ちゃんの軸としてあるものなので、頑張って練習しました」と話した。

當真あみ
當真あみ

當真もバイオリンを演奏するシーンが。経験者だというが「一番最初に触ったのは3、4歳くらい。今回バイオリンの役をもらった時は、自分のやってきたことを生かせるので、頑張ろうと思いました」と意気込む。新木はフルート奏者の役だが、「昔、吹奏楽部をやっていたので、フルートは憧れの楽器。当て振りでもごまかせない役で、玉山さんが(手元の見えにくい)ファゴットなのが羨ましくて……」と手の動きに苦労したと振り返った。

新木優子
新木優子

会場では東京音楽大学のオーケストラも参加し、本作に登場する廃団寸前の市民オーケストラ「晴見フィルハーモニー」のテーマや、ベートーベンの「運命」などが披露された、西島はそんなオーケストラの演奏に興味深く聴き入りつつ、「このドラマは一人でなかなか乗り越えらない傷を乗り越えていくドラマ。見るときっと明日から頑張ろうと思えるドラマになっていると思います。小さなお子さんから大人まで楽しめ内容になっているので、未来を信じることを感じ取って楽しんでいただけたら嬉しいです」と呼びかけていた。

画像ギャラリー

PICK UP