中島健人、向井康二とお揃いのマッサマン姿に反響「かっこいい!」

公開:
中島健人、向井康二とお揃いのマッサマン姿に反響「かっこいい!」
「芸能人が本気で考えた!ドッキリGP」を見る

中島健人(Sexy Zone)、藤原大祐黒川智花が1月6日放送の『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP 永野芽郁キス危機&ケンティー変身SP』(フジテレビ系)にゲスト出演。向井康二Snow Man)を加えた4人でゲームに挑戦した。

新ドラマ『リビングの松永さん』(カンテレ・フジテレビ系、1月9日スタート、毎週火曜23:00~)の出演者である中島、藤原、黒川の3人は、ドラマの番宣番組だと聞かされて、収録スタジオに登場。ところが、そこにはゲームのセットが組まれており、『ドッキリGP』だと瞬時に理解した中島は「うわ、やったコレ」と天を仰ぎ、ゲームの司会を務める長谷川忍シソンヌ)に「俺(グループの中では)その立ち回りじゃないんすよ」とクレームをつけていた。

そこに、ドラマの番宣番組のMCだと聞かされて収録スタジオにやってきた向井も合流。4人は出題される難解なフレーズを順番に言っていき、3回噛んでしまったら全員の椅子が爆発するゲーム「ボムマジ爆発」に挑戦する。しかし、1回戦はあえなく失敗に終わり、2回戦もマッサマンに変身した向井のミスによって、チャンスが残り1回と、窮地に追い込まれてしまう。

マッサマンとは、“マッサマンカレー”を覚えられなかった向井を菊池風磨(Sexy Zone)が番組内でいじったことにより生まれたキャラクターのこと。スタジオでは、長谷川が「見た目が違いすぎてコンビ感がない」とミスの原因を指摘したことで、中島が向井と同じマッサマンのヘルメットを装着することに。“中島マッサマン”となった中島は向井と手を握り、「マッサマン!」と叫びながら気合を入れていた。

マッサマン姿の中島がドラマ共演者の藤原に「ごめんな。俺、本当はかっこいいキャラでいってるんだ」と弁明する一幕もあったが、ネット上では「かっこいい!」「似合ってる」など、絶賛の声が多く上がっていた。

PICK UP