中島健人「黄金の龍のように輝く1年に」メガネ男子としてメガネベストドレッサー受賞も目指す

公開:
中島健人「黄金の龍のように輝く1年に」メガネ男子としてメガネベストドレッサー受賞も目指す
最新エピソードを無料視聴

火ドラ★イレブン『リビングの松永さん』(カンテレ・フジテレビ系、1月9日スタート、毎週火曜23:00~)の制作発表が6日、都内で行われ、主演の中島健人SexyZone)ほか、共演者の高橋ひかる向井康二Snow Man)、藤原大祐黒川智花大久保桜子が登壇した。中島は会見の中で今年の抱負も語った。

本作はひょんなことからシェアハウスで共同生活をすることになった恋に不器用なカタブツのアラサー男と、ピュアで一生懸命で恋愛偏差値「3」の女子高生の年の差の恋を描く人気コミック原作のラブコメディ。中島は主人公の松永純役を演じる。演じる純について聞かれると、「僕があまり演じたことがない恋に不器用な男の役」と説明し、役作りのために「声のトーンを二つくらい下げて演じています」と紹介する。中島は「声を下げる喉の負担は結構あります。松永でいる時は普段の中島健人と違う声色を見せられたら」と述べ、「今年は声でいろいろな人を狂わせていきたい」と意気込む。

高橋はそんな中島の声色について「めちゃくちゃイケボです」と絶賛。「内臓に刺さる感じ、説得力のある、生き方の見えるような声です。私は松永さんにぴったりだと思います」と話す。また中島の座長ぶりについても「引っ張ってくれるお兄さんという感じ。助かっています」と話し、これに中島は「シェアハウス舞台の作品なので、現場でも共演者といろいろなことをシェアし、支え合うことが大切だと思っています」とこだわりを持って共演者とコミュニケーションをとることを心がけていることを明かした。

中島はまた、本作で頻繁に脱いでボディを見せているのも見どころだと紹介。「毎話脱いでいると言っても過言でないくらい脱いでいます。去年の11月まではわがままボディだったんですけど、ゴールデンボディを目指すためにその後頑張りました」と本作のために撮影中も筋トレをしているとのこと。年の差恋愛という設定についても「好きになったら数字は関係ない。同い年も年上も年下も自分と違う価値観を持っている。その価値観に飛び込んでいきたいという気持ちを持っています」と持論を展開した。

中島はこの日、ゴールドのメガネを装着していたが、その理由について聞かれた際、「制作発表ということであえてゴールデンメガネにしてもらいました。松永がドレスアップしたらこういう感じになるんじゃないかって。黄金の龍のように輝く1年にしたい」と今年の抱負も述べる。メガネにちなみ「純金の中島さんでいたい」とも述べ、「今年は辰年なので龍のように強く生きていきたい。去年からドラマでメガネの役が続いているので、メガネベストドレッサーも目指したい」と話していた。

向井はシェアハウスで暮らす、松永と男の友情で結ばれているバーテンダー・鈴木健太郎役を演じる。会見では「チャラい役ですけど、安心してください。役ですから」と述べたが、中島は「いつもこういう感じ(雰囲気)ですけど、普段と地続きの感じでこの作品を盛り上げてくれています」と向井の立ち位置を絶賛。意外にも2人は初共演だといい、中島は向井について「ジュニア時代から15年来の友達。友達から共演者になれて嬉しい」とその共演を歓迎していた。

藤原は医大に通う大学生でいずれ松永の恋のライバルになる北条凌役。現場では中島からリトルケンティと呼ばれていると明かし、中島も藤原について「バラエティに出るときに爪痕を残したがるタイプなんです。残せなかった時の悔しがり方がまたすごい。実は10年前の僕もそうだった」と親近感を持っているとのこと。藤原に将来性を感じているともいい、「これからグイグイくると思いますよ」と今後の活躍に期待を寄せていた。

画像ギャラリー

PICK UP