山本舞香、ワケアリ美女役に「真っすぐな役は来ないな」と自虐も「私にしかできない役を演じられたら」

公開: 更新:
山本舞香、ワケアリ美女役に「真っすぐな役は来ないな」と自虐も「私にしかできない役を演じられたら」
「闇バイト家族」を見る

鈴鹿央士が主演、山本舞香がヒロインを務めるドラマ24『闇バイト家族』(テレビ東京系、2024年1月5日スタート、毎週金曜24:12~)の記者会見が今日、同局スタジオにて開催。鈴鹿と山本を始め、闇バイト家族の一員となる光石研麻生祐未綾田俊樹が登壇し、作品の見どころを語った。

本作は、2023年の流行語大賞にノミネートされるほど世間を騒がせた「闇バイト」事件をテーマにした完全オリジナル作品。人生を踏み外した5人の老若男女がニセ家族を演じながら、人生の再起を図るスリリングでユーモア満載の痛快エンターテインメントだ。鈴鹿は長男・田中颯斗役、山本は長女・久保美咲役、光石は父親・小川健三役、麻生は母親・原佳苗役、綾田は祖父・栗林徹役を演じる。

「闇バイト」がテーマということで、オファーを受けた際の印象を聞くと「闇バイト家族ってなんだろうな? と思った」と頭にハテナが浮かんだことを明かした鈴鹿。しかし、「企画書や台本を読むと本当に面白くて、キャストの方々も色濃くて、どういう物語になるんだろうというワクワクが止まらなかったです」と物語の魅力を熱弁。自身の演じる役についても「最初はクズだって言われていたんですけど、隠れた優しさを持った男の子。家族と暮らしていく中で色々変化があって、演じていて楽しい役です。見ている人も楽しんでいただけると思います」と語った。

演じる颯斗は、逃げ足の早さだけが取り柄というキャラクター。「僕も色んなことから逃げていて……というと語弊があるのですが(笑)。事故防衛という感覚は似ていると思います」と自身との共通点もあるとのこと。

山本が演じるヒロイン・美咲は、口が悪い強気美女で、人には言えない事情を抱えているという役どころ。「また難のある役。真っすぐな役は来ないなって(笑)」と自虐し笑いを誘いつつも、「私にしかできない美咲を演じられたら良いなと思います」と意気込んだ。

そんな2人は、寒い中での撮影ということで、現場に色々と差し入れを用意しているという。相模湖での撮影では鈴鹿自らスープを作って全員にふるまったそうで、光石は「主役という意識なのか、色々と差し入れをしてくれます。気を使ってくれて、若いのに立派なんですよ」と。麻生も「本当に感激しました。こんなかわいい息子からスープを手渡しでいただけて、大満足です」と絶賛すると、鈴鹿は「インスタントのやつなんですけど(笑)」と照れ隠しのコメントをしていた。

また、この記者会見が5人にとっての仕事初めということで、2024年の抱負も語ってもらうことに。辰年の年男で、来週24歳の誕生日を迎える鈴鹿は「挑戦」と挙げ、「新しく陶芸とかを始めてみたい」と仕事だけでなく、新たな趣味にも挑戦していきたいと抱負を述べていた。

そして最後に、鈴鹿が代表して視聴者に見どころをアピール。「『闇バイト家族』は、見てくださる方々を笑顔にする力を持った作品です。皆さんの生活の中で1週間の楽しみになる作品だとも思います。気軽に楽しく見ていただけたら」とメッセージを送っていた。

画像ギャラリー

PICK UP