田中圭、林遣都の涙にもらい泣き!?イチャイチャタイムも

公開:
田中圭、林遣都の涙にもらい泣き!?イチャイチャタイムも
最新エピソードを無料視聴

2024年1月5日に放送スタートの金曜ナイトドラマ『おっさんずラブ-リターンズ-』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~※一部地域を除く)の「前作一気見上映会」キャスト舞台挨拶イベントが12月26日に開催され、田中圭林遣都眞島秀和大塚寧々金子大地伊藤修子児嶋一哉が登壇した。

2016年の単発ドラマ、2018年の連続ドラマ『おっさんずラブ』、2019年の『おっさんずラブ-in the sky-』、同年には『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』として映画化された本作。今回は初代の続編となる。

ピュアな乙女心を隠し持つおっさん上司・黒澤武蔵役の吉田鋼太郎と、春田の幼なじみ・荒井ちず役の内田理央も出席予定だったが、この日は体調不良で欠席。主人公・春田創一を演じる田中は、黒澤のアクリルスタンドと「りお」と書かれた名札をつけて登壇し、会場を和ませた。

イベントには、たくさんの『おっさんずラブ』ファン=“OL民”が集結し、多くの声援を浴びた一同。春田の夫・牧凌太を演じる林が「こんなに声援を浴びることは日々生きていてないので……全身が冷たくなっています」とこぼすと、田中らは「ヤバい!」と大笑い。林は「現実世界にいないような感覚に陥っていますが、とっても幸せです」と続けた。

ファンからの質問コーナーでは、イベント前日がクリスマスということで、25日は何をしていたのか、という話に。田中と林がふたりで撮影をしていたと明かすと、客席から「フー!」という声がとんだ。すると「皆さまの前ではっきり申し上げますが、その程度でフーフー言ってもらっても困るわけですよ!」と田中。「こっちはね、(役として)4年前に結婚して、4年間の時を経て、牧がシンガポールから帰ってきて、ふたりの新婚生活が始まるところからスタートしているわけですよ!」と笑顔を見せた。

一方、居酒屋「わんだほう」店主・荒井鉄平役の児嶋は、プライベートでチキンやケーキを食べたとしつつ「ケルヒャー(高圧洗浄機)をずっとやっていましたね」と大掃除をしていたと明かし、笑いを起こした。

前作から数年の時を経ている本作。鉄平と結婚した荒井舞香役の伊藤は「子供はわんだほうに預けて、会社には復帰し、バリバリと働いています」と役柄を紹介。

続けて、金子演じる栗林歌麻呂と、大塚が演じる蝶子が結婚したとアナウンスされると、ふたりが客席に指輪を見せるサービスがあった。

田中から「今回の麻呂は注目」と水を向けられた金子は「そうですね。すごいことになっています! ……ハードル上げるのやめよう」と自制して笑いを誘う。一方、大塚は本作について「パワーアップしていまして、撮影現場も本当に日々エネルギッシュで、毎日、楽しく撮影しております」と述べた。

イベント中には、特別に本作の第1話の冒頭シーンが流れた。客席からは笑い声や声援もあって、大盛り上がりに。鑑賞後、林は「感動しちゃって……。(改めて)すごいドラマなんだなと思いました。(ファンが)声に出して一つひとつの瞬間を堪能してもらえることなんて、ないじゃないですか」と語っていると、田中が「ほんとに泣いてるじゃん」と反応。

林は涙をぬぐいながら「だって関係者(スタッフや目の前に座っている報道陣)の方まですっごい楽しそうに見てくれて」とポツリ。彼の涙に田中もグッときたようで「あんまこっち向かないで。泣きそうになるから」と返した。「公の場で泣くのは絶対に嫌だと思っていたんですけど……」と続けると、田中は「そういうときもあるよ。泣け泣け!」と優しく語りかけた。この場面も含め、田中が林の方を向いて楽しそうに話しかける場面が何度もあった。

林が感涙したあと、部長に昇進した武川政宗役の眞島も「第1話を初めて見て、正直、俺も感動した」としみじみ。そんな彼の裏話として林は、冒頭シーンの眞島の“表情”が仕上がり切っていたのにも関わらず、撮影後に反省していたと明かした。眞島はその真意について「“リターンズ”だからね。気合いは入った」と振り返った。

最後に田中は「『天空不動産』のメンバーが誰一人欠けることなく、全員がパワーアップして撮影に臨んでおります」「僕は1話を見たので、堂々と言えるんですが、期待には必ず応えられる作品だと思いますし、期待以上のものを返せるし、皆さんにこのリターンズで、より恩返しができるし、もっともっとこの『おっさんずラブ』という世界を愛してもらえるんじゃないかなと思います」と挨拶していた。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、2018年の連続ドラマ『おっさんずラブ』、「コタツでトーク」などの配信限定動画ほかが配信中。

画像ギャラリー

PICK UP