シシガシラが決勝へ進出!『M-1グランプリ』敗者復活戦がTVerで配信中

公開: 更新:
シシガシラが決勝へ進出!『M-1グランプリ』敗者復活戦がTVerで配信中

M-1グランプリ2023』(ABCテレビ・テレビ朝日系)決勝戦前に開催された敗者復活戦が、民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて、見逃し配信中だ。

今回より、敗者復活戦の審査方法がリニューアル。準決勝を敗退した21組の漫才師が、A、B、Cと3つのグループに分かれて漫才を披露。会場の中からランダムに選ばれた来場者が審査員となり、1組ずつネタ終わりで、「暫定勝者」か「挑戦者」のどちらが面白かったかを判定する。

各ブロックの勝者3組は、芸人審査員の石田明NON STYLE)、柴田英嗣アンタッチャブル)、野田クリスタルマヂカルラブリー)、山内健司かまいたち)、渡辺隆錦鯉)によって審査が行われ、投票が多かった勝者が決勝へと勝ち進む。MCは、陣内智則西野七瀬が務めた。

今回の出場者は以下の通り。

【Aブロック】
華山ぎょうぶロングコートダディニッポンの社長20世紀ママタルトヘンダーソン

【Bブロック】
豪快キャプテン鬼としみちゃむスタミナパントム・ブラウンエバースナイチンゲールダンスオズワルド

【Cブロック】
ドーナツ・ピーナツきしたかのシシガシラダイタクななまがりバッテリィズフースーヤ

Aブロックはヘンダーソン、Bブロックはナイチンゲールダンス、Cブロックはシシガシラが勝ち上がった。その後、芸人審査にて、4票を獲得したシシガシラが、決勝への切符を手にした。

勝利を確信した瞬間、シシガシラの浜中英昌脇田浩幸は、抱き合って大喜び。脇田は「朝起きたときに決勝へ行くとは思わなかったんで……信じられない!」とコメントしていた。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、笑い飯麒麟南海キャンディーズの『M-1アナザーヒストリー』、2023年の準々決勝の模様など、多くの『M-1』コンテンツが配信中だ。

PICK UP