水谷豊​​“右京”と捜一トリオがヤクザと…次回予告に“甲斐​​の息子”登場で歓喜の声も!

公開: 更新:
水谷豊​​“右京”と捜一トリオがヤクザと…次回予告に“甲斐​​の息子”登場で歓喜の声も!
「相棒 season16」を見る

テレビ朝日の人気ドラマシリーズ『相棒season22』(テレビ朝日系、毎週水曜21:00~)の第9話が12月20日に放送。ネット上では、杉下右京(水谷豊)と捜査一課​​の連携に多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

青年実業家の弓生崇智(赤ペン瀧川)が、闇金トラブルで、広域指定暴力団「扶桑武蔵桜」若頭・鬼丸播磨​​(三国一夫)と揉め、鬼丸を絞め殺す事件が発生。正当防衛だと判断されたが、このままでは、組の連中に報復されかねない。右京と亀山薫(寺脇康文)​​が、護衛につくことになった。ただ、右京は、鬼丸が亡くなった理由について納得することができなかった。

そんな中、若頭補佐・虎鉄(鳥谷宏之)​​から、弓生へ電話があった。虎鉄の要求は「アニキ(鬼丸)の葬式で、線香一本あげてくれよ。それで手打ちだ」というものだった。

予断を許さない状況​​には変わりない。葬儀当日、右京と薫は、弓生の護衛のために一緒に参列。彼を出迎えたのは、組長の桑田圓丈(大石吾朗)​​だった。ボディチェック後、桑田は、棺桶近くに弓生を呼び出す。彼は鬼丸の胸元から拳銃を取り出し、弓生に向けた。手下たちが右京や薫の行方を阻む中、桑田の手に弾丸が命中!

それは、捜査第一課の伊丹憲一(川原和久)、出雲麗音(篠原ゆき子)、芹沢慶二(山中崇史)の援護射撃だった。無事に弓生を守ったが、右京は、鬼丸の殺害方法について彼に推理を述べて……。

ネット上では、弓生の命を救ったシーンに「すごい連携」「捜一トリオナイス」との声が。また、次回予告についても反応が。次回は2024年1月1日放送で、甲斐享(成宮寛貴)と笛吹悦子(真飛聖)の息子・結平(森優理斗)が登場する……ということもあって「楽しみ」「ビックリ」とのコメントがあった。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話〜第3話、解説放送版、過去シーズンが配信中。

PICK UP