『マイホームヒーロー』佐々木蔵之介“哲雄”vs吉田栄作“麻取”、父親同士のバトルに「涙」【ネタバレあり】

公開:
『マイホームヒーロー』佐々木蔵之介“哲雄”vs吉田栄作“麻取”、父親同士のバトルに「涙」【ネタバレあり】

佐々木蔵之介が主演を務めるドラマイズム『マイホームヒーロー』(MBS、毎週火曜24:59~/TBS、毎週火曜25:28~)の最終話(第10話)が、12月19日に放送。鳥栖哲雄(佐々木)と麻取義辰(吉田栄作)の父親同士のバトルに、ネット上で「涙なしでは見られなかった」という声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

麻取に、「すべて僕がやりました」と罪を告白した哲雄。「自首します。警察に通報してください」と言うのだが、麻取は「呼ぶわけないだろ」と拒否し、「窪くん(音尾琢真)たちに殺してもらう。君の家族、全員!」と鳥栖一家を殺すと宣言する。

麻取が窪に電話した瞬間を狙い、襲い掛かった哲雄。そのまま、息子を殺された父親vs家族を守ろうとする父親という、家族を思う父親同士の乱闘となる。

やがてキッチンにあったナイフを手に取り、すべてを終わらそうとする麻取。しかしそれは哲雄を殺すということではなく、自らの腹部にナイフを突き立てて自死するという選択だった。

その死体をスーツケースに入れ、娘・零花(齋藤飛鳥)の家を出た哲雄は妻・歌仙(木村多江)に電話をかける。そして「あと少しだから」と言い残し、山の中へ。「これで終わる。すべてが終わるんだ」と雨が降る中、深く穴を掘って死体を隠すのだった。

その半年後、哲雄の犯行は未だ隠し通せており、麻取がいなくなったことで鳥栖家に平和が戻って来ていた。久しぶりに実家に帰って来た零花の顔を見て、哲雄は改めて「これから先、どんな未来が待っていようと、今の零花、今の母さん、そしてこの幸せが僕のすべてだ」と思うのだが、台風の影響で山中に隠した麻取の遺体が見つかり……。

物語の続きが劇場版で描かれるということで、ネット上では「早く映画が見たくなった!」という声が。他にも、家族を思って戦う父親の姿に「家族を守るとはどういうことなのか考えさせられた」「手に汗握るとはこのこと」という声も上がっていた。

PICK UP