赤ペン瀧川演じる青年実業家、闇金トラブルでヤクザと揉め組のNo.2を絞め殺す

公開:
赤ペン瀧川演じる青年実業家、闇金トラブルでヤクザと揉め組のNo.2を絞め殺す
「相棒 season16」を見る

水谷豊が主演を務める『相棒season22』(テレビ朝日系、毎週水曜21:00~)の第9話が、12月20日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

今シーズンでは、水谷×寺脇康文――再会2年目を迎える“伝説のコンビ”が、新たなる挑戦に乗り出す。なお現在TVerでは、最新話のほか、第1話~第3話、初回拡大スペシャルの簡単おさらいと第2話の注目ポイントを紹介する映像も配信されている。

前回放送の第8話には、中尾ミエが謎の老婦人役でゲスト出演。北に向かう高速バスで隣同士になった杉下右京(水谷)と老婦人・尾上絹(中尾ミエ)。雑談を始める右京だったが、席を外すと課長・角田六郎(山西惇)​​に連絡をとり、“尾上絹”​​という名前を調べてほしいと連絡する。彼女は、ある事件に関わっている人物だった。席に戻っても右京の話は止まらず……。ネット上では、いくら事件に関わる人物とはいえ、会話を止める気がない右京に「こんな人が隣は嫌だ(笑)」「(右京が)グイグイ」「面白い」とのコメントがあがっていた。

<第9話あらすじ>
弓生崇智(赤ペン瀧川)という青年実業家が、闇金トラブルでヤクザと揉め、組のNo.2を絞め殺す事件が発生。問題の組は、武闘派として知られる広域指定暴力団「扶桑武蔵桜」。その組長である桑田圓丈(大石吾朗)は、正義に目覚める前の内村完爾(片桐竜次)と昵懇の仲にあり、特命係とも浅からぬ因縁を持つ人物。警察は弓生への報復を警戒し、実際、組の若い衆は暴発寸前だったが、トップである桑田はなぜか静観を決め込んでいた。

そんな中、検察は弓生の正当防衛を認め、無罪放免を申し渡す。結果、弓生は警察の保護下から離れることに。それを知った内村は、杉下右京(水谷)と亀山薫(寺脇)に、弓生の身辺警護を指示。ボディガードとして弓生に張り付くことになった右京と薫だったが、その矢先、桑田の子分から思い掛けない提案がもたらされる。

画像ギャラリー

PICK UP