深澤辰哉の伝説モテエピソードが明らかに!高校の後輩・鈴木愛理「泣いている女子いっぱいいた」

公開:
深澤辰哉の伝説モテエピソードが明らかに!高校の後輩・鈴木愛理「泣いている女子いっぱいいた」
「あざとくて何が悪いの?」を見る

深澤辰哉Snow Man)が、12月14日に放送された『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系、毎週木曜24:45~※一部地域を除く)に出演。学生時代モテモテだった話を明かす一幕があった。

MCの鈴木愛理は、深澤と同じ高校の後輩。当時について「私の同級生たちは、ふっかさん(深澤)のことで泣いている女子がいっぱいいました」「好きすぎるがゆえにみんな取り合い。伝説の人がいるというか」と振り返った。

深澤自身も心当たりがあるようで「高校生のときは、めちゃめちゃモテたんですよ!」と回顧。「夜中の深澤の電話には出るな」というお達しが出ており、夜中に深澤と電話をすると好きになってしまう……という伝説があったという。また、バレンタインデーのときは、ロッカーを開けると手紙がドサッと落ちてくるほど人気だったが「今は一切モテない」と明かした。

「あざと連ドラ」鑑賞の流れから、自分から告白しない深澤と、告白をしてほしいタイプの鈴木が寸劇をすることに。しかし、お互い探り合いで平行線のままのため、たまらずMCの山里亮太南海キャンディーズ)が「人狼やってる?」とツッコミを入れた。

「初デートで気にするところ」について問われた際には「めっちゃ歯磨きします」と深澤。食事をしてもトイレに行って歯磨きをするということから、山里が「ふっかちゃん……俺とかと同じところにいるよ」とポツリ。「ブレスケアで腹一杯になったことあるから」と述べて笑わせていた。

次回は12月21日に放送。野呂佳代ハシヤスメ・アツコをゲストに迎える。

PICK UP