鞘師里保、明日海りお・生駒里奈・橋本さとしらとのクランクインショットが到着「早く届けたい」

公開:
鞘師里保、明日海りお・生駒里奈・橋本さとしらとのクランクインショットが到着「早く届けたい」
最新エピソードを無料視聴

鞘師里保が地上波連ドラ初主演を務める新ドラマ『推しを召し上がれ~広報ガールのまろやかな日々~』(テレビ東京系、1月10日スタート、毎週水曜25:00~)の撮影がクランクイン。レギュラーキャスト4名での仲睦まじい4ショットに加え、橋本さとし演じる“吾輩”こと乳酸菌との2ショットも到着した。

原作は、『校閲ガール』など話題作品を手掛けた宮木あや子著の「令和ブルガリアヨーグルト」。今年2023年で発売されてから50周年を迎える人気ベストセラー商品を題材に、企業へ取材協力のもと執筆された小説だ。

ドラマは、鞘師演じる岩手の田舎出身でオタク気質な主人公・朋太子由寿が、乳酸菌(ブルガリア菌20388株/橋本)に見守られながら、ブルガリア菌への推し活に勤しみつつ、新人広報ガールとして奮闘していくお仕事+推し事ドラマとなっている。

孟冬真っ只中の12月6日(火)に待望のドラマ撮影がクランクイン。地上波連ドラ初主演を飾る鞘師の、新人広報ガール・朋太子由寿としての日々がスタートを切った。

終始和やかなムードでドラマ撮影が進む中、現場より鞘師と、由寿を支える教育係で容姿ともに働く女性の鏡的存在であるバリキャリの緑川逸美を演じる明日海りお、後輩思いな広報部の先輩で由寿の推し活にシンパシーを感じる飯野朝子役を演じる生駒里奈の広報ガールズ3名に、パッケージから飛び出して、由寿には見えない存在として彼女にとり憑き、彼女の行く末を見守ることにした“吾輩”こと乳酸菌を演じる橋本を加えた仲睦まじい4ショットが到着。

さらに、“吾輩”と由寿との2ショットも公開。主人公と対面ではなく内面から会話する役柄と、顕微鏡を1000倍にしないと見ることのできない存在を演じることに、チャレンジ精神を掻き立てられたと語る橋本。ヨーグルトカラーの白と青を基調にした役柄に相応しい出で立ちの橋本さとし演じる乳酸菌と由寿とのクスっと笑えて、どこかほっこりする掛け合いにも注目だ。

主演の鞘師は各キャストの印象について、「明日海さんはクランクインしてからもかっこよく素敵な印象に加えて、本番前のテストの際は見えないはずの橋本さん演じる“吾輩”を見てしまったりと、可愛い一面も見ることができました。生駒さんは、“東北出身だから岩手弁でわからないことがあったら聞いてね”と話しかけてくださり、現場で話しやすい空気を作っていただけて、ありがたかったです」「橋本さとしさんとは役柄、一緒の撮影シーンが多く、空き時間はずっとお話しさせていただいており、佇まいとお芝居がかっこいいからこそ、乳酸菌としての愛らしさが際立っていると思います」と感想を述べた。

最後に「1日に沢山の量の撮影があるのですが、初日から冗談を言い合って皆んなで笑っていたり、片桐監督やチームとしての明るさに救われて、思い詰める事なく毎日安心して現場にいられます」と和気藹々とした撮影現場の様子を伝え、「その中で日々役と向き合い、皆んなで試行錯誤しながらワクワク撮影していますので、完成したドラマを早く皆さんにも届けたいです!」と放送スタートに向けての意気込みを語った。

クランイン報告に続き、近日中にはティザービジュアル、ドラマのメインビジュアル&OPテーマ曲が解禁予定。続報をお楽しみに。

<第1話あらすじ>
就活中に、ヨーグルトを題材にした創作小説にハマった朋太子由寿は一年後、株式会社明和に入社する。辞令で大阪支店へと配属になり、地元岩手にしか住んだことがない由寿は困惑しつつも新天地・大阪での生活をスタートさせる。

先輩社員の金城剛(水間ロン)と共に担当先のスーパーに営業しに行くが、慣れない仕事と環境にドッと疲れが溜る由寿。その翌日、競合会社の配送トラックが事故に巻き込まれ、物流網がストップしていると金城から緊急連絡が……!?

画像ギャラリー

PICK UP