真空ジェシカ『M-1』ファイナリストインタビュー

公開:
真空ジェシカ『M-1』ファイナリストインタビュー

M-1グランプリ2023』(ABCテレビ・テレビ朝日系)の「決勝戦」「敗者復活戦」が、12月24日(日)に開催される。決勝進出決定直後のファイナリスト9組にインタビューを実施、この記事では、真空ジェシカガク川北茂澄)のコメントを紹介する。

<決勝進出>
真空ジェシカ(ガク、川北茂澄)、令和ロマン高比良くるま松井ケムリ)、ダンビラムーチョ大原優一原田フニャオ)、くらげ(杉昇、渡辺翔太)、モグライダー芝大輔ともしげ)、ヤーレンズ楢原真樹出井隼之介)、マユリカ阪本中谷)、さや香新山石井)、カベポスター永見大吾浜田順平)、敗者復活戦を勝ち抜いた一組。

――『M-1グランプリ2023』決勝進出を決めた今のお気持ちを聞かせて下さい。

ガク:嬉しいですが、決勝は3年目になるので、ここで優勝しないとオズワルドのように飽きられてしまうので……。

川北茂澄:オズワルド飽きられてないでしょ……。え? 準決勝で落ちちゃったの!? っしゃあ!(ガッツポーズしながら)

ガク:いや、それ露骨すぎるから。でも本当に3年続けて決勝へ行かせていただけたので、今年こそ優勝したいと思います。

川北:今年も最多の出場者数(8540組)が挑戦しているんですが、前回、ウエストランドさんが優勝してしまって“これなら僕たちでもできるかも”って、“文句を感情に乗せてぶつければ勝てるんだ”っていう勘違いした人たちが増えたと思うんですよ。そのチャンピオンを僕たちが出してしまったという責任もあるので……。

ガク:いやいや、ウエストランドさんのネタは、やろうとしてできることじゃないからね。

川北:今回は、良きチャンピオンを決める大会にしたいですね。僕たちが優勝したら、次の年はやっぱり、めちゃくちゃ出場者数が減るんじゃないですかね。

――今年のコピーが「爆笑が、爆発する。」ですが、これまでの戦いを振り返り「爆発した」と感じる瞬間はありましたか? あれば、教えてください。なければ、「爆発する」のに必要なものは何だと思いますか?

川北:やはり、今年の準決勝、僕たちの前でネタをしたバッテリィズですね。

ガク:めっちゃウケてたもんね。

川北:めっちゃウケてたから、僕らはもう便乗してバッテリィズの続きだと思われるように、いつもよりもすぐに出て、バッテリィズが爆発させた空気をそのまま利用させてもらったおかげで決勝に進出できました。

ガク:決勝でも1個前の出番の人にウケてもらったら、もうすぐに出て行きたいです。

川北:そういえば、準々決勝の僕たちの前に出たエバースも爆発して利用させてもらいましたし、昨年の準決勝でも、僕らの前の令和ロマンが爆発して、決勝に行かしてもらったんです。

――「ファイナリストの中で自分たちが一番○○だ!」……「○○」に入るのは?(自分たちの強み、持ち味はどこだと思いますか??)

川北:いちばん見た目が変わったことですね。

ガク:確かにね。川北は髪型を変えたんだけど、なんでその髪型にしたの?

川北:最近ハゲ治療を始めたんです。通常はハゲを隠そうとするんでしょうけど、逆にハゲの人がやらないような髪型にすることによって、頭皮をだましている段階なんです、今。

ガク:何言ってんの?

川北:こんな髪型をするっていうことは、頭皮がハゲてないんじゃないかって思いこんで、むしろ髪の毛が生えてくるんじゃないかって思ってるんです。

ガク:自分の頭皮と心理戦してんの?

川北:ハゲ治療は、9月くらいに初めたんですが3か月くらいは抜け続けるそうなんですよ。ちょうど『M-1』の決勝のときがいちばんハゲている状態という塩梅です。

ガク:僕は僕で、初めて決勝に出た時から3年経って20kg体重増えたんです。衣装が入らなくなって変えたんです。でも、川北がハゲて僕が太ったことが功を奏しているのかな?

川北:見た目が変わったことで、予選で違うコンビなんじゃないかっていう違和感を演出できたかもしれないね。……でも、実は最近になって発毛を実感し始めているんですよ。もし決勝に間に合っちゃうとハゲを武器にできずに終わる可能性もありますね……。

――ほかのファイナリストの中で意識しているコンビは? それはなぜ?

川北:これは例年と同じですが、やはりオズワルドです。

ガク:同期でずっと一緒にやってきたからね。でもしつこいようだけど、今年のファイナリストにはいないんだよ。

川北:っしゃあ!(ガッツポーズしながら)

ガク:同期でいうと、さや香ですね。さや香にいいネタをしてもらって優勝しそうな雰囲気にしてもらって、優勝できないっていう思いをもう一回させつつ、僕たちがその爆発を利用させてもらいたいです。

川北:や、でも、さや香に優勝してほしいけどなあ。いい漫才師だもん。

ガク:確かにそのとおりだけれども!

――優勝賞金1000万円の使い道は?

川北:かわいそうなオズワルドに賞金を見せに行きたいですね。なんといっても『M-1』の1000万は価値が違うからね。

ガク:もともと住んでいた家が、更新できなくなっちゃって泣く泣く引っ越したんです。だから優勝したら賞金を使ってその家を取り戻したいです。

――今後、優勝者/ファイナリストとなり、さらに出演番組も増えていくかと思いますが、どんな番組に出演されたいなどありますでしょうか? ご自身の冠番組でも結構です。

川北:『徹子の部屋』です。番組が終わる前に。急がないといけないんで、いち早く出たいです。

ガク:僕は『おはスタ』です。

川北:ナニ!? それはガクだけで行ってほしいですね。朝からヤバいテンションで行かなきゃいけない番組だぜ? それはガク一人でいってもらって、『徹子の部屋』は僕一人で。

――ちなみに冠番組を新たに作るとしたら?

川北:今、「バラバラ大作戦」の枠で冠をやらせていただいているんですけど、まあ僕たちがゲストを活かしきれなくて評判が悪いんです。なので、ゲストを迎える形ではなく、僕たちがゲストで出続ける冠番組をもちたいです。

――『M-1グランプリ2023』決勝へ向けた意気込みを一言で! そして、相方にも一言!

川北:今年は3回目なので、今年こそ同時優勝するぞ! 

――!? 同時優勝とは?

川北:はい。まあ、最悪僕だけでもいいんですけど、できれば僕とガクとで同時優勝できたほうが気まずくないので、今年こそは同時優勝します。

ガク:これ以上、『M-1』に挑み続けるとお客さんから老害みたいな扱いをされ始めると思うので。そうはなりたくないので、スッキリ優勝して、今年で『M-1』への挑戦は終えたいと思います。

――相方への一言もお願いします。

川北:(ガクに向けて)「まーちゃんごめんね」

ガク:「まーちゃんに言えよ! そういう余計なボケはしないで、ネタだけを頑張ってくれ」

PICK UP