マユリカ『M-1』ファイナリストインタビュー

公開: 更新:
マユリカ『M-1』ファイナリストインタビュー

M-1グランプリ2023』(ABCテレビ・テレビ朝日系)の「決勝戦」「敗者復活戦」が、12月24日(日)に開催される。決勝進出決定直後のファイナリスト9組にインタビューを実施、この記事では、マユリカ阪本中谷)のコメントを紹介する。

<決勝進出>
真空ジェシカガク川北茂澄)、令和ロマン高比良くるま松井ケムリ)、ダンビラムーチョ大原優一原田フニャオ)、くらげ(杉昇、渡辺翔太)、モグライダー芝大輔ともしげ)、ヤーレンズ楢原真樹出井隼之介)、マユリカ(阪本、中谷)、さや香新山石井)、カベポスター永見大吾浜田順平)、敗者復活戦を勝ち抜いた一組。

――『M-1グランプリ2023』決勝進出を決めた今のお気持ちを聞かせて下さい。

中谷:決勝進出者発表会見のあと、スマホを見たら380件くらいLINEが来ていて。それを見てじわじわと実感が湧いてきました。会見では「さっきオカンに連絡したら、こんな日なのにもう寝てた!」と言ったんですが、楽屋に戻ったら起きてきて連絡がつきました。

阪本:僕は発表で名前を呼ばれた瞬間に「嬉しい!」という気持ちがパッと湧いたんですが、そこからすぐに「あの舞台で漫才をせなあかんのか……」とプレッシャーに変わりました。えらいことになってもうたなと。錚々たる審査員の前で僕らがネタをするということに、まだ現実味がないです。

中谷:(濃厚接触の疑いで関西の賞レース決勝を棄権した経験があるなど)賞レースには縁がないと思っていたので、今までのそういったことが全部チャラになるくらい嬉しいです。

――今年のコピーが「爆笑が、爆発する。」ですが、これまでの戦いを振り返り「爆発した」と感じる瞬間はありましたか? あれば、教えてください。なければ、「爆発する」のに必要なものは何だと思いますか?

中谷:ありました。準決勝のネタ中、2くだり目で「お、これは!」とは思いましたね。

――「ファイナリストの中で自分たちが一番○○だ!」……「○○」に入るのは?(自分たちの強み、持ち味はどこだと思いますか?)

阪本:「一番結果に対しての仕事量が不思議なコンビ」ですね。これまで賞レースで結果を出してきたわけでもないのに、仕事をいただけている憎たらしいコンビだと思います。

中谷:なので、やっとひとつ決勝にたどり着けて、ファイナリストという肩書がもらえたのがとても嬉しいです。

阪本:立派な肩書をいただきました。

――ほかのファイナリストの中で意識しているコンビは? それはなぜ?

中谷:強いていうなら同期で仲も良いダンビラムーチョです。意識というか、一緒に決勝にいけてよかった、嬉しいという思いです。

阪本:カベポスターとさや香ですね。この2組は後輩なのに、優秀でかわいげがないので(笑)。

中谷:確かに2組とも結果を残しまくっているからな。

――優勝賞金1000万円の使い道は?

中谷:僕は前歯が欠けていたり、歯の全体に色がついていたりするので賞金ですべてクリアに、ピカピカにします。口の大工事です。

阪本:僕はヒゲが青ヒゲなので、青くない部分を青くしてヒゲが目立たないようにします。

中谷:やることが逆や! 二人とも口周りの方向ですね。

――今後、優勝者/ファイナリストとなり、さらに出演番組も増えていくかと思いますがどんな番組に出演されたいなどありますでしょうか? ご自身の冠番組でも結構です。

中谷:ミルクボーイさんが優勝された直後に『NHK紅白歌合戦』に出られていましたよね。親も喜ぶと思うので、どんな形でもいいので紅白にちょっとだけいいので出てみたい。バク転ができるので、バク転がしたいです。

阪本:僕はBSよしもとのような誰も見ていないテレビ局でいいので、マユリカのレギュラー番組がほしいです。ロケやスタジオ収録、その時々で何するかわからないみたいな。何をするかから番組内で決める感じの番組をやってみたいです。

――『M-1グランプリ』決勝へ向けた意気込みを一言で!そして、相方にも一言!

中谷:決勝が初めてでもありますし、ここまで来たらぶつけるのみ! 逆にちょっと開き直れる気がします。相方には0年目から今まで、全部の漫才を作ってもらっているので「ホンマにありがとう」という感じです。ここまで来られるとは! と。

阪本:最悪、最下位だったりあまり良くなかったとしても、死ぬわけじゃないしその後もまだまだ数回続くことなので、気楽にやろうと思っています。無理なんでしょうけど。気持ち、心意気としては気楽にやりたい。今から言うのも何ですが、ミスしてもいいじゃないかくらいの気持ちで。相方に一言は……ミスしたらシバくぞと。

中谷:なんじゃお前は! もっと何かあるやろ(笑)。でもがんばります! ミスりません!

PICK UP