ダンビラムーチョ『M-1』ファイナリストインタビュー

公開:
ダンビラムーチョ『M-1』ファイナリストインタビュー

M-1グランプリ2023』(ABCテレビ・テレビ朝日系)の「決勝戦」「敗者復活戦」が、12月24日(日)に開催される。決勝進出決定直後のファイナリスト9組にインタビューを実施、この記事では、ダンビラムーチョ大原優一原田フニャオ)のコメントを紹介する。

<決勝進出>
真空ジェシカガク川北茂澄)、令和ロマン高比良くるま松井ケムリ)、ダンビラムーチョ(大原優一、原田フニャオ)、くらげ(杉昇、渡辺翔太)、モグライダー芝大輔ともしげ)、ヤーレンズ楢原真樹出井隼之介)、マユリカ阪本中谷)、さや香新山石井)、カベポスター永見大吾浜田順平)、敗者復活戦を勝ち抜いた一組。

――『M-1グランプリ2023』決勝進出を決めた今のお気持ちを聞かせて下さい。

原田フニャオ:記者会見が終わった後は、何が起きているのかわからないふわふわした感じでした。うれしさはずっとあるんですが。

大原優一:なんだか気持ちいい感じなのは確かです。まさか決勝に行けるなんて、僕らはそういう存在じゃないとずっと思っていたので。去年は準決勝でめちゃくちゃスベったんです。

原田:去年、敗者復活戦はよかったとたくさん言ってもらえて、それも含めて今年の決勝進出なのかなって。去年の敗者復活戦が今年の0回戦で、その勢いでいけた感じはすごくありました。お客さんがワクワクしてくれているというか、僕らがアホなことをやればやるほど、こっちに近づいてきてくれる感じがして。びっくりするくらいお客さんが喜んで、より笑ってくれるので「なんだこれ!?」と。嬉しかったですね。僕らが芸歴1年目でこのネタをやったとしても、ウケてなかったと思うんです。芸歴を重ねてこれをやっているアホらしさ、いろんな積み重ねでここまでウケたんだろうなと思います。

大原:去年の準決勝の段階では、そこがうまく伝わっていない感じがしたんです。今年はずっとホームの空気感でできた気がします。

――今年のコピー「爆笑が、爆発する。」にかけて、これまでの戦いを振り返り「爆発した」と感じる瞬間はありましたか? なければ「爆発する」のに必要なものは何だと思いますか?

原田:それこそ去年の敗者復活戦かもしれません。みんなが楽しんでくれて、「ドーン!」っていうのを初めて味わったのは。タイミングとかすべてが噛み合って、めっちゃ面白くしてくれた感じがあったんです。

大原:今年は準決勝が終わった後に、マヂカルラブリー村上さんに「マジで見なくていい4分だったわ~」と言われて。

原田:それはすごい嬉しかったですね。僕らは「こいつらバカだな~!」というのしかできない。マジで無駄な時間だし、なんのメッセージ性もない、笑うだけのネタを目指しているので。

――「ファイナリストの中で自分たちが一番○○だ!」……「○○」に入るのは?(自分たちの強み、持ち味はどこだと思いますか?)

原田:「一番楽しい!」ですかね。

大原:「一番楽しませる」じゃない?

原田:「楽しませる」か~。みんなで楽しむんだ! みたいなこと?

大原:なんかしっくりきてないみたいです(笑)。

――ほかのファイナリストの中で意識しているコンビは? それはなぜ?

大原:くらげです。養成所で僕らの一期下なんですが、同期に空気階段コットンオズワルドがいる中でのたたき上げ感があって。

原田:今年のファイナリストの中で、くらげがダントツで食えていないと思うんです。僕らも決勝に行けてうれしいですが、くらげが決勝っていうのがめっちゃすげぇなと思います。

大原:マユリカもですね。東京と大阪ではありますが、同期で仲がよくて、彼らが今年、東京に移ってきてからずっとライブも一緒にやっていたので。

――優勝賞金1000万円の使い道は?

大原:実は僕、大学に7年通っちゃって、親にだいぶお金を払ってもらったので、さすがに少しでも返したいなと思います。

原田:普通すぎますけど、親に全額渡して家族で使ってもらいたいです。

大原:あと、巨人ファンなので東京ドームの年間シートを買いたいです。母校の野球部に野球道具を寄贈もしたいですね。大谷(翔平)選手と同じくグローブを3つで。

――今後、優勝者/ファイナリストとなり、さらに出演番組も増えていくかと思いますが、どんな番組に出演されたいなどありますでしょうか? ご自身の冠番組でも結構です。

大原:野球が好きなので、毎週日曜日にその週のプロ野球を振り返る番組をやりたいです。あとは『熱闘甲子園』に出てみたいです。『Going! Sports&News』とか。

原田:野球ばっかりだな。僕はもう中学生さんにめちゃくちゃお世話になっていて、これまでいろいろな番組に呼んでもらっているので、もう中さんの地元である長野県で一緒に番組をやりたいです。

大原:音楽番組にも出てみたいです。

原田:音楽番組いいね! 決勝でネタがハネたらね!

――『M-1グランプリ』決勝へ向けた意気込みを一言で! そして、相方にも一言!

大原:絶対に笑わせますよ!

原田:おぉ~気合い入ってるね! 僕は肩肘はらずに楽しみたい。いい意味で、見ている人の休憩みたいな時間を送りたいです。それが一番楽しいと思うので。

大原:お酒飲みながら見てほしいですね。

原田:その上で、やっぱり爆発させたい。(最終決戦まで)2本ネタをやりたいです。

PICK UP