ムロツヨシ“蔵前”が逮捕!?無実を証明するために動く香澄法律事務所の面々に「感動」

公開: 更新:
ムロツヨシ“蔵前”が逮捕!?無実を証明するために動く香澄法律事務所の面々に「感動」

ムロツヨシが主演、平手友梨奈がバディ役を務めるドラマ『うちの弁護士は手がかかる』(フジテレビ系、毎週金曜21:00〜)の第9話が、12月8日に放送。逮捕された蔵前勉(ムロ)の無実を証明するために奔走する香澄法律事務所の面々に、ネット上で「感動」という声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

天野杏(平手)に「あなたがいなくても大丈夫」と言われた蔵前は、パラリーガルを辞めて笠原梨乃(吉瀬美智子)のマネージャーに復帰。そして、いよいよハリウッド映画への出演が近づいてきたところで、梨乃と蔵前の前に東京地検特捜部が現れる。そして蔵前は、脱税の容疑でその場で逮捕されてしまった。

その事実は香澄法律事務所にも伝わり、弁護を担当することに。辻井玲子(村川絵梨)と山崎慶太(松尾諭)が面会に来てくれるのだが、蔵前がマネージャーに戻った途端に逮捕されるなんておかしいと、梨乃を疑い始める。さらに、翌日には蔵前が務めていた法律事務所としてマスコミが香澄法律事務所に押し寄せたことで「マスコミが来るのが早すぎる」「誰かがリークしたのでは」と疑念が深まり……。

その通り、蔵前のもとに梨乃が面会にやって来た際、こっそりと見せられた手のひらには「黙っててね」という文字が。自分は罠にハメられたのだと悟った蔵前は絶望。そして自暴自棄になり、裁判で不利になるような発言をしてしまう。

そんな中、杏が蔵前への面会を求め、「こんなことになってしまったのは私のせい」と謝罪。また、梨乃の発言のせいで2人がすれ違ってしまったと原因も明らかとなり、改めて蔵前の無実をどう証明するのか話し合う。

そして、香澄今日子(戸田恵子)が用立ててくれた500万円もの保釈金(※実は別の人物が用立てた)で刑務所を出た蔵前は、梨乃と戦うことを決意する。

SNS上では「香澄法律事務所と蔵前との関係性に感動!」「杏ちゃんの最高のツンデレに泣いた」「やっぱり“くらあん”じゃないと!」といった感想が上がっていた。

次回、第10話は12月15日に放送。香澄法律事務所に、蔵前のマネージャー時代の仲間で、元カノでもある安藤カオリ(安達祐実)がやってくる。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、本作の第1話~第3話/解説放送版/ダイジェストも配信中だ。

PICK UP