長妻怜央“Mr.サルベージ”、早乙女家の悪事を暴露…筒井真理子“麗美”の目的は?

公開:
長妻怜央“Mr.サルベージ”、早乙女家の悪事を暴露…筒井真理子“麗美”の目的は?

板谷由夏が主演を務める『ブラックファミリア~新堂家の復讐~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)最終話(第10話)が、12月7日に放送される。

同ドラマは、『ブラックスキャンダル』『ブラックリベンジ』に続く“ブラック”シリーズ第3弾、完全オリジナルの復讐ミステリー作品。謎の死を遂げた 女子高生の家族が、愛する娘の死の真相を追うため、ホームパーティーが行われた実業家一家やその関係者に様々な姿になりすまし近づき、意外な真実を暴き復讐していく“なりすまし”一家による復讐ミステリー。なお、現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話~第3話、最新話のほか、ダイジェスト映像が配信中。

<最終話(第10話)あらすじ>
新堂一葉(板谷)は、早乙女葵(瀧七海)の「私が梨里杏を殺した」という衝撃の告白に、激しく動揺。葵は新堂梨里杏(星乃夢奈)に対する歪んだ愛情を一葉に語り、自分を殺してほしいと迫る。ついに、愛する梨里杏のために復讐を遂げる時が来た。一葉は、葵の首にかけた手に力を込めていく――!

新堂沙奈(渡邉理佐)は早乙女倫太郎(塩野瑛久)に監禁されたまま、危険な状態が続いていた。倫太郎は「新堂家の家族の絆を試す」と言って新堂航輔(山中崇)に卑劣なゲームを仕掛けた。倫太郎の指定した時間までに航輔が監禁場所を突き止めて助けに来なければ、沙奈を裸にしてその姿を生配信すると脅迫。しかし航輔には、場所を特定する手がかりなどまったくなかった。タイムリミットが過ぎても、航輔は助けに来ない。家族の絆なんてなかった、と倫太郎は身勝手な思いを吐露。倫太郎が沙奈に迫ったその時……!?

伊志嶺和也(長妻怜央)扮する Mr.サルベージの生配信で、梨里杏を殺した上に五十嵐優磨(森崎ウィ ン)の命も狙った犯人は早乙女麗美(筒井真理子)だ、と暴露された。麗美は、世間から激しいバッシングを浴びる。すべては麗美の計画通りだった。

Mr.サルベージの配信を早乙女家の邸宅で見ていた一葉。彼女は、早乙女家の罪を一身に背負う覚悟をした麗美と再会するのだった。家族を守りたい2人の母親が、対峙する。新堂家の復讐の果てに待ち受けるものとは?

画像ギャラリー

PICK UP