千鳥・ノブ、四千頭身・都築のブランドコーデに「スタイリストさんクビにしようかと…」

公開:
千鳥・ノブ、四千頭身・都築のブランドコーデに「スタイリストさんクビにしようかと…」
最新エピソードを無料視聴

ドン小西都築拓紀四千頭身)が、12月5日に放送された『千鳥の相席食堂』(ABCテレビ、毎週火曜23:17~※関西ローカル)に出演。自身のファッションセンスを見せつけた。

何故この2人なのかというと、ドン小西はお馴染みファッションデザイナー。そして都築は、「若手芸人界のおしゃれ番長」として有名。ファッションを愛するセンス抜群の芸能人がおしゃれスポットで相席する「ハイセンス相席」として、ドン小西は大阪・アメリカ村、都築は東京・高円寺をロケすることに。

都築は、スタッズのついた帽子に、片足は長くもう一方は短いという謎ジーンズにハイソックスを合わせるという奇抜なファッションで登場。この姿を見た千鳥ノブ大悟)はさっそくVTRを止め「ドンさんの相手にしちゃ弱いよ~」と言いながらも、「こいつガチでこういう恰好で(普段の現場にも)来るらしいな」「どこのブランドとかじゃない。自分で破いたりして(服を)作っている」と彼のファッションセンスに関心を寄せる。

その後、都築の紹介VTRが流れたのだが、「自身のブランドを立ち上げた」というところで何かに気付いたノブ。「ちょっとおかしいなと思っててん。俺の服見てくれ!」とおもむろに立ち上がり、「スタイリストさんクビにしようかと思った」と全身のコーディネートをカメラに向かって披露したのだが、へそが出るくらい短いTシャツに、中途半端な丈のズボンという全身“都築ブランドコーデ”となっていた。

そんな、ブランドを立ち上げるほどファッションセンスに定評のある都築。だが、このロケで着てきた服をドン小西に見てもらうと「こういう年頃なんだよ。ちょっと人と違うことをしてみたい。ま、今どきのファッションじゃない。別に新しいものなんか着てもいないのよ。どこにでもあるような、誰もが見たようなアイテム」との評価に、千鳥は「ひどいこと言われてる」と爆笑していた。

次回は12月12日に放送される。

PICK UP