ダウ90000・蓮見翔『M-1』敗退の理由を分析「園田祥太が…」

公開:
ダウ90000・蓮見翔『M-1』敗退の理由を分析「園田祥太が…」
最新エピソードを無料視聴

8人組お笑いユニット・ダウ90000蓮見翔園田祥太飯原僚也上原佑太道上珠妃中島百依子忽那文香吉原怜那)の初冠バラエティ『週刊ダウ通信』(テレビ朝日系、毎週月曜26:30~)。同番組は、コント、演劇などが評価されているダウ90000が、体を張ってさまざまな企画に挑戦していく。

12月4日の放送では、「【緊急企画】ダウ90000 M-1準々決勝当日ドキュメント」を。グループから5人組の「ダウ90000」と2人組の「1000」の2組が『M-1グランプリ2023』の準々決勝に進んでいる中、スケジュールが単独公演期間と重複していたため、漫才の練習をする時間がなかったという蓮見。しかも同番組の収録日が「1000」の準々決勝当日ということで、急きょ番組がライブ会場を設営し、準々決勝のネタをテストすることに。

蓮見、道上、中島、忽那、吉原による「ダウ90000」は、蓮見が女性陣に初めてのデートにお薦めの場所を尋ねるネタを披露。一方、蓮見と園田による「1000」は、“もしも自分の子供の友達が家に遊びに来たら”というネタで笑いをとる。

「1000」は3回戦で制限時間をオーバーしてネタを強制終了されたため、園田が時間内にネタを終えられたことに胸をなで下ろしながら「すごくない?」と喜ぶも、蓮見は「すごくない。やって当たり前!」と正論でバッサリ斬り、爆笑をさらう。

その後、「1000」はそのまま『M-1』の会場へ。道中、園田は「マジで(本番前に)1回できたの、でかい」としみじみ語り、蓮見も「今日の一発目がアレだったってことだから、アレが準々決勝だったら怖い……」と述懐する。

準々決勝の結果は2組とも敗退。蓮見は「悔しい……」と唇を噛みながらも、「1回大きくウケが来た後に、(園田が)テンパって噛み倒したっていう」と苦笑し、敗因を分析した。

次回は12月11日に放送される。

PICK UP