畑芽育“茜”&風間俊介​​“保”が可愛すぎるサンタコスで登場!呼び捨て告白も話題に

公開:
畑芽育“茜”&風間俊介​​“保”が可愛すぎるサンタコスで登場!呼び捨て告白も話題に

堀田真由が主演を務める『たとえあなたを忘れても』(ABCテレビ・テレビ朝日系、毎週日曜22:00~)の第7話が12月3日に放送。ネット上では、宮下茜(畑芽育)の告白に注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

河野美璃(堀田)の誕生日ということもあって、青木空(萩原利久)、美璃の母・ゆかり(加藤貴子)に加え、遠山保(風間俊介)と茜は、サンタクロースのコスチュームでお祝いにかけつけた。

会が進む中、札幌の病院に行くことになったと明かす保。美璃が、ずっとそばにいてくれるものだ、と無条件に思い込んでいたと明かすと、寝ていたゆかりが「あなたがついていけばいい」と勧める。

「私は、たもっちゃんが美璃をもらってくれればいいなってずっと思ってた」とポツリ。なぜ保は結婚していないのか、美璃が大人になるのを待っていたんじゃないか、保のやけどの跡だって、当時、幼い美璃を守ろうとしてできたものだと吐露した。保は、言葉があふれてとまらないゆかり諭すように「小さい子がやけどしそうになったら、誰だってかばうよ」と言うが「私はたもっちゃんがそばにいてくれないと、美璃が心配……」と涙を流した。

そんな彼女に保は「美璃はもう大丈夫だよ」と言う。今の美璃は自分で自分のことを認めている、いろいろな人に出会って、空に支えられて、自分のことを好きになることができた。だからもう心配しなくていい、と語りかけた。

茜との帰り道。「好きな人」の定義について、保は「その人のことが本当に大事で、心の底から幸せになってもらいたいと思うこと」と述べる。茜はそれは「愛している」ということではないか、と指摘する。続けて「私も保のこと愛してんで」と告白。保は「ありがとう」とだけ返した。

ネット上では、保について「いい人すぎる」「好き」との声が。茜の告白には「よく頑張った」「幸せになって」とのコメントがあった。

次回は12月10日に放送。美璃は、記憶をなくした空の店で働くと宣言するが……。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1〜3話、解説放送版、ダイジェストが配信中。

PICK UP