King & Prince永瀬廉と高橋海人の繰り出すボケに「さすがだった」

公開:
King & Prince永瀬廉と高橋海人の繰り出すボケに「さすがだった」

King & Prince永瀬廉高橋海人)のレギュラー番組『キントレ』(日本テレビ、毎週土曜13:30~※関東ローカル)が12月2日に放送。2人のボケに出演者たちが思わずツッコんでしまう一幕があった。

今回行われた「マグロ解体クイズ」は、マグロの解体を楽しみながら、市場に出回らないマグロの希少部位をかけてクイズやゲームを行い、正解すればその部位が食べられるという企画。スタジオには、50~55万円相当の生のクロマグロが登場し、永瀬や高橋らはその大きさに声を上げて驚いていた。

職人によるマグロの解体がはじまると、劇団ひとりが「せっかくだから、廉くん被らせてもらいなよ!」と、切り分けられたマグロの頭である“兜”を被るように指示。永瀬は「被るためのものちゃうんで!」とツッコみながら、「触ってみていいですか?」と兜に近づいていく。しかし、永瀬が触ったのはマグロではなく、職人の腕の筋肉。劇団ひとりから、「そっちかい!」とツッコまれた永瀬は「すごい筋肉されている」と満足げだった。

一方の高橋は、マグロのカマの塩焼きを試食するシーンで、天然ボケを炸裂させる。クイズに正解し、1人で試食することになった高橋は、他の出演者からの視線に「これが羨望の眼差しってやつか」と笑わせながら、塩焼きをほおばり、「脂が甘いとうまいの両方持っている。ちゃんと肉肉しさもある」とレポート。ところが、ここでマグロの「部位」を「部署」と言い間違えてしまい、山崎弘也アンタッチャブル)から「株式会社マグロじゃないから!」とツッコまれてしまう。

そんな2人のボケや出演者らのツッコミに、ネット上では「最高」「面白い」「さすがだった」「ナイスツッコミ」などのコメントが寄せられた。

次回は12月9日に放送。なすなかにし那須晃行中西茂樹)と共に、永瀬が一流店のまかないを突撃取材で食べ歩く。

PICK UP