塩野瑛久“倫太郎”、渡邉理佐​​“沙奈”を拉致「コイツの裸を全世界に生配信する」

公開:
塩野瑛久“倫太郎”、渡邉理佐​​“沙奈”を拉致「コイツの裸を全世界に生配信する」

板谷由夏が主演を務める『ブラックファミリア~新堂家の復讐~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)の第9話が11月30日に放送。ネット上では、新堂梨里杏(星乃夢奈)​​を殺した真犯人が明らかとなった展開に多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

早乙女倫太郎(塩野瑛久)が、新堂沙奈(渡邉理佐)を拉致。新堂航輔(山中崇)に電話をかけて、時間内に探すことができなかった場合「コイツの裸を全世界に生配信する」と脅した。彼は本気のようで、沙奈​​に「この騒動が収まるまで、しばらく身を隠そうと思ってんだよ。その分の金、お前の生配信の投げ銭で稼ぐつもりだから」とアイスピックで、スカートをたくし上げた。

一方、新堂一葉(板谷)は、​​五十嵐優磨(森崎ウィン)からのヒントをもとに、早乙女葵(瀧七海)が重要人物である、と突き止めた。葵は、梨里杏​​と何があったのか、真相を語り始めた。

葵自らパーティーの動画を流出させようと誘ったこと、梨里杏​​もそれに乗ってパーティーに潜入したことなどが明らかに。ただ、梨里杏​​は大ごとになる前に手を引こう、と説得していたことが分かった。

家族に愛情がない葵が、梨里杏​​に依存する一方で、葵は夢もあるし、家族も大事だと、彼女の気持ちを受け止められないでいた。ここで、新堂​​家にとって悪夢の瞬間がやってくる――。

自分に依存する葵に恐怖を覚えた梨里杏は、強引に彼女のもとから離れた。そんな彼女を追いかけて、学校の階段から突き落とした葵。「私を置いていかないで」とつぶやく。その後、目を覚ました梨里杏は逃げるも、葵は執拗に追いかける。屋上まできた梨里杏に「私と一緒にいてよ。家族も捨てて、夢も諦めてさ」と詰めより、自分のものでなくなるのは嫌、と突き落として……。

ネット上では、梨里杏が亡くなった真相に「まさか」「ホラーだった」「怖すぎる」​​とのコメントがあった。

最終話は12月7日に放送。早乙女麗美(筒井真理子)は、あることで世間から激しいバッシングを浴びる。

​​​​なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話〜第3話、第1話ダイジェストが配信中。

PICK UP